香取慎吾主演「座頭市 THE LAST」の評価

日刊ゲンダイが香取慎吾主演の映画「座頭市 THE LAST」について、記事を書いています。公開された土日の興行収入が9000万円で、最終的には6億円と期待外れな数字に終わるだろうと予想しています


予告ムービーが以下の公式サイトで公開されています

若い方は勝新太郎の「座頭市」をご存知ないのかもしれません。中高年にとっては座頭市=勝新太郎であり、ほとんどの人は勝新太郎以上に座頭市を演じられる役者はいないだろうと思っています
ですから香取慎吾が座頭市を演じても、「なんじゃこりゃ」という反応が返ってくるのは当然でしょう
若い方にとって座頭市は北野武のイメージが強いのかもしれません
北野武演じる座頭市も映画の公開時にはずいぶんと批判されました
金髪の座頭市が許せないとか、殺陣がダメすぎるとか、タップダンスの登場する意味がわからないとか。松方弘樹や千葉真一といったベテラン俳優も北野武の座頭市を否定する発言をし、物議を醸しました
改めて北野武の「座頭市」を見直すと、娯楽作品としてよくできていると思います。賛否が別れたタップダンスのシーンも、「これはこれでありなのだろうな」と感じます
北野武は海外へ出かけるときもタップシューズを持参し、時間を見つけては練習するほどタップダンスに熱心であると言われてます
さて、本題に戻って香取慎吾の座頭市も酷評されていますが、5年後、10年後には別の視点から評価される可能性も皆無ではありません
自分が脚本を書くなら、老いた座頭市と香取慎吾扮する若者の交流を描き、病に倒れた座頭市に代わってその若者が刃を抜くというストーリーに仕立てたでしょうが
ちなみに2008年には綾瀬はるか主演で女座頭市が活躍する映画「ICHI」が公開されましたが、興行収入は4億4千万円と惨敗でした

(関連記事)
香取慎吾 映画「座頭市 THE LAST」大コケ
香取慎吾の映画「こち亀」 大惨敗
香取慎吾で「こち亀」映画化
香取慎吾「こち亀The・ムービー」を切望
香取慎吾映画大コケ3連敗 「LOVE まさお君が行く!」
SMAP解散の元凶はメリー喜多川と書くBIGLOBE編集部
SMAP問題 メリー喜多川解任の署名活動
NHK会長「SMAP紅白出場を説得する」と表明
キムタク主演映画「無限の住人」は大コケではないと主張するメディア
芥川賞「火花」が映画化もコケる
「鬼滅の刃」実写化という無謀


座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
バンダイビジュアル
2004-03-11

ユーザレビュー:
最後だけラストのタッ ...
座頭市強し。 パッケ ...
座頭市でなければ座頭 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ICHI プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2009-04-03

ユーザレビュー:
新しい可能性に挑戦し ...
やはり窪塚はただもの ...
期待していなかった映 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る