「サマーウォーズ」アヌシー国際アニメーション映画祭へ参加

フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭のコンペ部門に、日本からは「サマーウォー

ズ」が出品されることが決まったと報じられています
http://eiga.com/buzz/20100614/11/

最近の日本の長編アニメーションのアヌシーでの結果は、1993年に「紅の豚」(宮崎駿監

督)がグランプリを獲得したのをはじめ、1995年に「平成狸合戦ぽんぽこ」(高畑勲監督)

がグランプリ、2007年に「時をかける少女」(細田守監督)が特別賞を獲得しています

国際的な映画賞の常として、受賞しなかった作品が駄作というわけではありません

その時々の審査員の嗜好、傾向によって選択の基準も評価も大きく変化します

とくにアヌシーの場合、商業的な娯楽アニメーションより玄人好みのアーティスティックな映

像作品がグランプリに選ばれるケースが目立つと指摘されています

日本のアニメーションは商業的な娯楽作品からアーティスティックなものまで、さまざまな作

品がありますが、その主力はもちろん商売になる娯楽作品です

そうした意味で、日本の娯楽作品「ポケモン」や「クレヨンしんちゃん」をアヌシーのコンペ部

門に出しても賞は獲得できないのでしょう

大御所となってしまった宮崎駿や高畑勲がいまさらアヌシーのコンペに参加するはずはあ

りませんし、大友克洋や押井守も同じ理由で参加しないと思われます

そこで次世代のエースと目される細田守監督に注目されます

細田守監督にすれば2007年に「時をかける少女」で特別賞だったのですから、今度はグ

ランプリを狙う意欲はありありでしょう

話は変わりますが、イギリスの「エンパイア」誌が「史上最高の外国語映画100本」というの

をリストアップしています 
http://eiga.com/buzz/20100614/2/

黒澤明の「七人の侍」が第1位で、22位に「羅生門」、44位に「生きる」、98位に「乱」がリ

ストアップされています。日本映画では他に、宮崎駿の「千と千尋の神かくし」が10位、「と

なりのトトロ」が41位であり、大友克洋の「AKIRA」は51位、押井守の「GHOST IN THE SH

ELL/攻殻機動隊」が92位に入っており、アニメーション映画の高い評価が見て取れます

(関連記事)
映画「サマーウォーズ」 韓国の反応
http://05448081.at.webry.info/200908/article_26.html
世界を救う日本人 映画「サマーウォーズ」評
http://05448081.at.webry.info/200908/article_30.html

七人の侍 [Blu-ray]
東宝
2009-10-23

ユーザレビュー:
不評のようですが皆様 ...
この槍をとれ! LD ...
相変わらず作品自体は ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る