相撲界のドタバタ 賭博問題などなど

ワールドカップの対カメルーン戦勝利の報道で湧いていますが、あえて相撲の話題を取り上げます
相撲協会の運営は力士出身の親方衆が牛耳っているわけですが、その舵取りに問題があるのは今回の、琴三喜らの賭博問題で明らかでしょう。賭博問題が表面化する前には暴力団関係者が土俵近くの席に陣取っていた問題が取り上げられ、相撲部屋を経営する親方衆と暴力団の関係が問題視されました


自分自身、現役時代の北の湖が暴力団員数名と一緒に写っている写真を見た経験があります。地方巡業を仕切っているのは地元の暴力団だったりしますので、力士や親方がそうした人物と宴席を共にするのは珍しくもないのでしょう
そうした実態がありながら、建前としてのみ「暴力団との交際はいけない」と主張してお茶を濁そうとする相撲協会の体質は、問題ありありです
もちろん、体が大きくて力が強いという力士で、出世もしないまま引退した人間が暴力団員になっている事例も少なくありません。
「力士崩れ」と言われる、引退した人間の再就職先が暴力団やその関連企業である事実を相撲協会もスポーツメディアも知っているはずです
他方、相撲協会を批判している監督官庁の文部科学省はどうなのでしょうか?
もちろん力士と暴力団の関係について何も知らなかったでは済まされません知っていながら放置してきたのが事実でしょう
文部科学省の考えとしては、相撲協会の運営を力士出身の親方衆が牛耳っている実態を問題点として挙げ、メディアに批判させておき、相撲協会の改善と称して文部科学省出身の元官僚を理事待遇で天下りさせたいのでしょう
理事や事務局に文部科学省出身者を送り込み、自分たちのコントロール下に置こうと企んでいるように思えてなりません
民主党政権下では官僚の天下りが厳しく制限されているため、緊急避難的措置として政府にも国民にも「相撲協会の体質改善のためには外部の人間を入れるしかない」とアピールしたいのだと考えます

(関連記事)
朝乃山処分 飲み歩いたスポニチ記者は解雇
https://05448081.at.webry.info/202106/article_18.html
朝乃山キャバクラ問題 一緒に飲み歩いた新聞記者
立行司の式守伊之助 セクハラで解雇へ
貴乃花問題で池坊保子議長が炎上騒動
元大関琴光喜逮捕 不法就労に関与
大相撲 八百長がメールから発覚して大騒ぎ
朝青龍引退もすっきりせず
プロ野球中継の不人気 低視聴率
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?


大相撲力士名鑑〈平成22年度〉
ベースボールマガジン社

ユーザレビュー:
やっぱりファン必携で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る