清心女子高校傷害事件を考える1 「うるさかった」

6月15日、横浜市にある私立清心女子高校で授業中に女子生徒が他の生徒にナイフで刺される傷害事件が発生しました


詳細な事情はまだ不明ですが、刺した女子生徒は教室に果物ナイフを持ち込んだわけで、最初から刺してやろうと思い極めていたと見られます
記事では、「(刺された生徒は)机の上に勝手に荷物を置いたり、うるさくて先生の声が聞こえなかったりした。『暗い』『キモイ』と、ほかの友達の悪口を言っていて耳障りだった。憎くなってケガさせようと思った。刃物は2日前にホームセンターで買った」と供述しているとあります
「その程度のことで」と思われるかもしれません。しかし、だからといって単なるわがままによる犯行と決めつけるべきではありません
加害者である女子生徒が「ナイフで刺してやろう」と思い詰め行動に至るまでの経緯を読み解き、そのような憎悪や敵意がどのように形成されたか考えるべきでしょう
そして単に加害者と被害者という二者だけの問題だったのか、考えるのを忘れてはなりません
例えば家族や、他の知人との愛憎がたまたま同級生へと振り向けられ、被害妄想を膨らませていった可能性もあります
自分の場合、若い女性と面接する際、必ず手首に注目します。衣服の袖に隠れて見えない場合もありますが、リストカットの痕跡があるかどうかは重要です
本件の女子生徒の場合はどうだったのでしょうか?
佐世保市で小学6年生の女子児童が同級生を殺害する事件がありましたが、事件の背景は複雑なものでした。「こどものやった事件だから動機も単純なものに決まっている」なとと決めてかかるのは大きな間違いです
加害者である女子生徒の病歴や通院歴の有無など、これから情報が出てくるはずですから、そうした材料が出ればまた取り上げるつもりです

(関連記事)
清心女子高傷害事件を考える2 共時性
清心女子高傷害事件を考える3 押収されたメモ
清心女子高傷害事件を考える4 思いやりと我慢
清心女子高傷害事件を考える5 そして沈黙
清心女子高傷害事件を考える6 彼女のようになりたかった
清心女子高傷害事件を考える7 医療少年院送致
奈良同級生殺人を考える 6 広汎性発達障害
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
傷害事件の犯人が被害者少女と同じ高校へ入学
女子高生が同級生をナイフで刺す 高野山高校
女子高生が同級生をナイフで刺す 高野山高校の続報
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える2 地域の不審者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える5 起訴したものの
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
台東区母親殺害事件を考える 15歳の長女逮捕


子供の心の悩みと向き合う本―うつ、ひきこもり、拒食症、パニック、暴力…
ベストセラーズ
森津 純子

ユーザレビュー:
子供とかかわる多くの ...
自分もこの人のカウン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る