宮崎アニメに対する中国メディアの批評

「突っ込んだら負け」なのかな、と思うくらい中国系メディアの文化関係記事は質が低いのですが、今回もそんな1本の記事を取り上げます
「中国網日本語版(チャイナネット)」 の配信記事で、宮崎駿のアニメーション作品を中国人の学者が批評するというものです

宮崎駿のアニメを見て「人間嫌い」になるか

記事の中で掲げられている写真のキャプションが「ものもけ姫」になっています
これを見ただけで記事本文を読むまでもなく、「もうダメだわ」と思ってしまいます
編集部の責任なのか、記者の責任なのかは知りませんが、こんな記事を配信しているようでは信頼されません(自分のブログも誤字脱字だらけですが)
記事の中で秦剛教授が指摘している「人間に対する憎悪は人間への愛情に基づくのではないか」との考えも、何をいまさら感が漂います
「紅の豚」で主人公が人間をやめて豚になった、といっても人間社会と関わって生きているのであって、人間を捨てて何物かになるなどというわけにはいきません。それではドラマにもなりません
「人間嫌い」なのではなく、むしろ「人間への愛着が深いゆえに憎悪する」と言い換えるべきでしょう
その根底にあるのは「人間の業の深さ」に対する畏怖と自戒なのかもしれません。ですが現代中国に「人間の業」という概念が理解できるのか、不明です
宮崎駿を、「機械文明を否定し、自然への回帰を主張するエコロジスト」のように誤解している人もいますが、彼が軍事オタクであり戦闘機マニアであるのを忘れているのではないかと指摘したくなります
人間の作ったものだからそれ(機械、兵器)を否定したりはしませんし、自然だからこれを賛美するというものでもありません
人間好きか、人間嫌いかなどという議論の作り方自体が不毛です
教授の講演内容がどのようなものであったか不明確ですし、講演後の質疑応答が記事の骨格なのですが、本筋とは無縁な部分に字数を割きすぎているため、何を表現しようと意図したのかぼやけてしまっています
教授が何か重大な事実を発見し、指摘したというほどの話ではありません
翻訳が拙いのか、元となった教授の発言に問題があるのかは不明ですが、その責任の多くは記事の書き方にあるのでしょう
例えば文末の部分です

また、アニメの観賞の仕方について、「アニメにはそれぞれ異なる観賞の仕方があります。若い人たちには、一晩で数十回見て『消費』する人もいますが、私個人としては、何十回も同じアニメを見て、テクストと付き合いながらアニメの中に込められた思考を共有する方法が好きです」と秦剛教授は語った。

この下りは、「若い人たちは一晩でいろいろな作品を何本も見て消費するが、自分の方法は違う。より深くテクストを読み解くために何十回も同じアニメを見る」と言いたいのでは?
もっとも、そうした鑑賞方法もサブカル批評好きの日本人なら誰でもやっており、目新しさも何もありません

(関連記事)
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
https://05448081.at.webry.info/202007/article_2.html
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その2
https://05448081.at.webry.info/202007/article_1.html
「ナウシカ解読」
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「耳をすませば」
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
「宮崎アニメは父権社会批判」と主張する中国の意見
中国人が語る日本アニメの秘密?
日本のアニメ業界は消滅 中国・韓国が台頭へ
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
「東京アニメフェア」ボイコット企業が別イベント開催
中国アニメは自国文化賛美がブーム


崖の上のポニョ [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2009-07-03

ユーザレビュー:
あくまで幼児向けポニ ...
素晴らしい鮮やかな色 ...
も?「ハァ!?」って ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る