西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決

昨年春、大阪市西淀川区で9歳の女の子が繰り返し虐待を受けて死亡した事件で、母親に対し懲役8年6月の実刑判決が言い渡されました


繰り返し殴る蹴るの暴行を加え、満足な食事を与えず、寝具もなしに冬のベランダに放置するなど、鬼畜としか言いようのない虐待を繰り返した結果、娘を死亡させたものです。しかも裁判では、「死ぬとは思わなかった」と釈明を繰り返し、「勝手に死んだ娘が悪い」かのような態度が垣間見えました
反省の弁と言うより、自己保身に徹した釈明に終始したと見るべきでしょう


裁判を通じて己の所業を省み、母親としていかに行動すべきだったかを考えてもらいたかったのですが、被告にそんな気はさらさらなかったようです
検察側の求刑は懲役12年ですから、かなり割り引いた判決になっています
本当に8年6月などというぬるい刑でよかったのか、と思ってしまいます
残念ながら新聞、テレビで大きく扱われたこの事件以降もこどもへの虐待は相次いでいます。現に虐待をしている親たちにとって、他人が虐待で逮捕されようが実刑判決を食らおうが、抑止力にはならないのでしょう
だから虐待を摘発し、処罰しても無駄だとは言えません
はやり厳しく罰するしかない、と考えます
虐待を主導した内縁の夫小林康浩被告の裁判はこれからですが、殺意はもちろん虐待の事実も否定しており、「しつけだった」と主張しています
実に後味の悪い嫌な事件であり、まったく救いがありません
この身勝手な「親」の言い分を許さず、厳罰を課してもらいたいものです

(関連記事)
「夜が終わる場所」
暴力夫に尽くす妻 共依存
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親


子ども虐待という第四の発達障害 (学研のヒューマンケアブックス)
学習研究社
杉山 登志郎

ユーザレビュー:
jiro初心者ですが ...
良い本ですこの本はか ...
良書! 専門的知見も ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る