辻元衆院議員 社民離党の衝撃

辻元清美衆議院議員が所属する社民党を離党する意向だと報じられています
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100727k0000m010120000c.html

社民党にあっては看板議員でもある辻本清美が離党すれば、福島執行部体制にとって

大打撃でしょう

数日前、「辻本議員のブログが更新されないまま放置されている。何か異変があったの

ではないか?」という記事がありました

日刊ゲンダイなので、「また適当な話を書いているな」と斜め読みしたのですが・・・
http://gendai.net/articles/view/syakai/125326

オチとしては、「政治活動は継続中だが、新しい議員会館への引越しでブログの更新に

手が回らないため」と辻本議員事務所の人間が説明したと書かれていました

しかし、実際のところは離党を巡り水面下でさまざまな調整が行われていたのでしょう

この間に、郵政改革法案を巡って社民党と国民新党が合意書を交わす、とのニュース

が流れました

民主党との連立を組んでいた国民新党と社民党ですが、政党としては水と油で、左翼

政党の社民党と手を組まなければならないほど保守政党である国民新党は窮地に追

い込まれているのだな、と感じました

小政党が生き残るため、政治理念をかなぐり捨ててままで、本来は敵対する左翼政党

と手を結ぶという醜態です

それは社民党にも言えるわけで、コアな社民党支持者たちは国民新党のような自民党

以上に保守的な政党と手を組む展開に違和感を感じているはずです

辻本清美はこうした福島瑞穂の姑息な生き残り戦術に疑問を抱いているのでしょうか

ら、離党を口に出すのも奇異には感じません

現在の菅直人政権は民主党内でも左派に位置する菅直人、仙谷由人が中心なので、

辻元清美を一本釣りして院内会派に取り込み、その人気を利用しようと考えているの

かもしれません

自分個人は辻元清美にまったく期待していませんし、その政治活動の背景の1つであ

る「ピースボート」もうさんくさい団体だと思っています

ただ、辻本議員の離党が社民党崩壊の引き金になるのなら、それはそれで評価はし

ますが


福島瑞穂のいま会いたいいま話をしたい
楽天ブックス
商品副データ暗い時代を楽しく生きる元気が出るビタミン本!福島瑞穂明石書店この著者の新着メールを登録す


楽天市場 by 福島瑞穂のいま会いたいいま話をしたい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル