解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論

プロ野球西武ライオンズの大久保打撃コーチが菊池雄星投手への暴行が発覚し、解雇された問題を再び取り上げます
スポーツ報知の記事では、大久保博元が「不適切な行為はなかった」と解雇処分への不満を漏らしており、訴訟に発展するかもしれないと示唆しています


たまたま朝のローカルテレビ番組を見ていたのですが、「体育会系ではよくある話。(殴ることも)スポーツの世界では必要」だとする同情論をコメンテーターが口走り、話の落しどころを失ったアナウンサーが立ち往生する場面がありました
アナウンサーとしては大久保の行き過ぎた暴力沙汰を咎めるコメントを期待していたのでしょうが
切込隊長のブログでも、西武球団は組織としてデーブ大久保のような有為な人材を守るべきであった、と書いています。素行に問題があったにせよ、チームには必要な人間だから、というのがその理由のようです


その他、メディアや個人のブログなどで大久保擁護論が散見されるのですが、どうにも不可解に感じられます
結局、大久保博元の行為はチームの統制を乱し、選手育成という大目的からも逸脱する個人プレーでしかありません。これを擁護して何のメリットがあるのかと思ってしまいます
大久保博元は2008年にも女性を殴った件でコーチの職を解かれているのですが、トラブル相手の女性は大久保の隠し子を生んだ愛人だったそうです


西武球団の解雇処分に不満を唱え、訴訟も辞さないと息巻くのは、失業して収入が途絶えると愛人を養えなくなるからなのかな、と勘ぐってしまいます
法廷の場であれこれぶちまけられたくなければ、口止め料として相応の退職金を支払えとか、そんな展開になるのでしょうか?

(関連記事)
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
プロ野球加藤コミッショナー いまさら辞任
プロ野球中継の不人気 低視聴率
ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?
米メジャーに挑む日本のベテラン野球選手
楽天 星野監督就任への疑問
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声


デーブ大久保 一発逆転―プロ野球かくも愉快な仲間たち
新潮社
デーブ大久保

ユーザレビュー:
デーブワールドへよう ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デーブ大久保 一発逆転―プロ野球かくも愉快な仲間たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル