フランスで「第11回JAPAN EXPO」始まる

第11回となるJAPAN EXPOがパリ郊外で今年も7月1日から始まりました


今年はモーニング娘。が参加しライブを行ったと報じられています


日本ではすっかち落ち目のモーニング娘。ですが、フランスでは熱い声援を受けたようです。団扇をもってアイドルを応援するスタイルをフランス人がやっているのには違和感もありますが
大規模化し、有名タレントが参加するのはこのイベントが成長している証なのかもしれませんが、同好の士による手作りイベント感が薄れて商業化するのは寂しい感じもします
もちろん大きな会場を借りきって数日イベントを開催するわけですから、日本の出版社などを呼び込み協賛スポンサーになってもらう必要があるのは当然ですが
報道を見ると今年はロサンゼルスの「アニメ・エキスポ」が同じ時期に開催れており、そちらにはAKB48が参加したとあります。コンサート会場は空席だらけだったようで、知名度はモーニング娘。にまだ負けているのでしょう(AKB48は2009年の第10回JAPAN EXPOに参加)
イベント関連の動画はYoutubeで「JAPAN EXPO」あるいは「JAPON EXPO」で検索するとたくさん見つかりますので、今回は2009年のイベントに参加された方のブログを紹介しておきます
写真と丁寧な記事で会場の様子が伝わってきます

仏陀像と行く JAPAN EXPO '09 の旅。

日本の文化が海外でどのように受け要られているか、というのが自分の関心事なのでこうした話題を取り上げていますが、まだまだこうしたムーブメントを日本は生かせないでいるように思えてなりません
日本の政治家、文化人など有識者と言われる人たちの中に、いまだに「しょせん漫画なんか」と見下す風潮が根強いからなのでしょう。そうした頭の古い人たちが日本の政治を主導するリーダーなのですから、政策と現実社会との乖離が広がるのも当然と言えます

(関連記事)
フランスで第12回ジャパンエキスポ(2011)が開催される
初音ミクのアメリカ公演決定に狂喜する海外の反応
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
パリ ジャパンエキスポの紹介
主役キャラがイケてる? フランスのアニメ「コルト・マルテーズ」
スペインの日本オタクたち
エヴァを見るため氷点下でも並ぶロシア人
韓国人がNYで見た「日本が世界に通用する理由」
ドイツ人がこどもにサクラと名前をつける
コミックマーケットに見る日本の底力
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー


ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命
武田ランダムハウスジャパン
ローランド・ケルツ

ユーザレビュー:
麻生"マンガ"太郎失 ...
戦後日米関係を感じな ...
日本のアニメビジネス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る