コミックマーケットに見る日本の底力

3日間にわたる夏のコミックマーケットが終了しました。観客動員は56万人に達したと報じられています


海外でも大規模なゲームやアニメーション関連のイベントが開催されているのですが、日本のコミックマーケットほど特殊なイベントは珍しいと言えます
イベントの主役はゲーム会社やアニメーション会社ではなく、自主運営の創作系の同人サークルだというのが最大の特徴です
今年は1万1500ものサークルが参加しました。マンガや小説、ゲーム、音楽など、自ら創作を手掛ける同人サークルがこれだけの数存在するのは世界でも日本だけでしょう
しかも出展のための応募はこれを上回っており、抽選で選ばれる確率は5割くらいとされています。単純に計算して2万以上もの創作系同人サークルが日本国内で活動中だと言えます
こうした素人集団の旺盛な創作意欲こそが、日本のマンガやアニメーション、ゲームを支える土台になっていると考えられます
中国や韓国にはこうした創作系の同人サークルがどれだけ存在するのでしょうか?
少し前の記事ですが中国人民網は「中国は芸術家やクリエーターに不足している訳ではなく、市場、管理、アニメ漫画の制作規律を本当に理解している人材が不足している」と書いています

中国アニメ界の憂いと希望

「マーケティングさえしっかりやれば日本に追いつける」と、無茶な主張を展開しています
作品のクオリティ自体、大きく劣っているのに何を言うのでしょうか?
そしてマーケティングの成功例として、あの「「喜羊羊と灰太狼」を引き合いに出します
他にないのか、と突っ込みたくなります
もし中国でコミックマーケットのようなイベントを開催したらどうなるでしょうか?
創作系のサークルなど皆無で、ほとんどは違法コピーしたマンガやアニメーションのDVDを売って稼ごうとする悪徳業者が軒を並べるだけだと思われます
それが即ち、日本と中国の差です
中国のメディアにはこうした現実が理解できないようで、マーケティングさえやれば中国の稚拙なアニメーションでも売れるはずだと思い込んでいるようです

(関連記事)
コミケ中止の波紋 漫画文化の危機か?
漫画やアニメの資料保存へ 国立メディアセンター設立なるか
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
英国をゆるがす日本のカワイイ文化
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
人が搭乗できるロボットを作ってしまう日本
東京国際アニメフェア閉幕 観客動員大幅減少
AFP通信が初音ミクを「リアル世界のヒットメーカー」と報じる
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
「東京アニメフェア」ボイコット企業が別イベント開催
中国の人気アニメーション「喜羊羊与灰太狼」
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
中国アニメ産業の悩み 実はまったく儲からない
中国アニメ業界のジレンマ 就職先がない
「名探偵コナン」に勝てない中国アニメ
「けいおん!」山田尚子監督 アニメーションを語る
中国アニメ 今度は「ONE PIECE 」のパクリ
中国 偽物等身大ガンダム騒動
中国メディア「日本のコスプレは冠位十二階が発祥だ」
東京ビッグサイトは世界で68番目のサイズ
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
「すごい日本ブーム」を考える
日本アニメの底力 カロリーメイトCM
高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」
講談社編集者 妻殺害容疑で逮捕
講談社編集者殺人容疑で逮捕も「フライデー」ら雑誌は報道せず


東方儚月抄 ?Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス)
一迅社
2008-04-09
秋★枝

ユーザレビュー:
東方初心者でも読めま ...
実は面白いQあなたは ...
東方ファンとしてはス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東方儚月抄 ?Silent Sinner in Blue. 上巻 (IDコミックス REXコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル