西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決

大阪市西淀川区で小学生の女子児童が親から繰り返し暴行、虐待を受けた末に衰弱死した事件で、虐待を主導した内縁の夫小林康浩被告に懲役12年の判決が下された、と報じられています


検察の求刑は懲役17年でしたが、裁判官は「相当重い求刑の説得的な説明が尽くされなかった」と妙な理屈を並べて大幅に割り引いた判決になっています
つまり裁判官は、「こどもの虐待死なら懲役12年が相場であり、それを超えて17年を求刑するだけの理由がこの事件にはない」という考えなのでしょう
単なる量刑の相場の問題として扱われるのは大いに問題です
凄惨な暴行、虐待の末に命を落とした松本聖香さんに対し、「あんたの命の価値は懲役12年分くらいしかないのだ」と言い放っているのも同然です
被告は最後まで、「しつけだった」と主張していたようですので、反省もしていなければ悔悛の情も見せなかったのでしょう。自分の鬼畜な所業を反省していたのなら求刑を大幅に割り引く裁判官の判断も容認できますが、まったく反省をしていない被告にこれほど甘い判決を下すのは納得できません
この裁判は裁判員がいたわけですが、裁判員たちはこの裁判官の主張に同意できたのでしょうか?
先に判決のあった母親については検察の求刑が懲役12年でしたが、「(虐待を)主導したとは言えない」との理由で大幅に割り引いて懲役8年6月の刑を言い渡しています
まったく救いのない事件であり、さらに不可解な判決が不快感を募らせます

(関連記事)
暴力夫に尽くす妻 共依存
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親


トラウマ返し―子どもが親に心の傷を返しに来るとき
黎明書房
小野 修

ユーザレビュー:
親になったサバイバー ...
人の好いおじいちゃん ...
無意識のトラウマ返し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トラウマ返し―子どもが親に心の傷を返しに来るとき の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル