華原朋美 睡眠薬大量服用で病院搬送

芸能界復帰に向け、ボーカルの練習中と言われる華原朋美が朦朧とした状態で警察に保護され、救急車で病院に搬送されたと報道されています


記事によればこれまでにも何度か同じ行動を繰り返しているようで、今回が初めてではないそうです
ところが華原本人は取材に対し、「病院になんか運ばれてないです。歌舞伎町にも7‐8年以上行ってないですよ!」と救急車で搬送された事実を否定しています


しかし記事の中で、「5、6、7月は警察病院で検査して、睡眠薬、抗うつ剤、精神安定剤を飲んでないこともはっきりしてます」と語っているのは不可解です
一般人がわざわざ警察病院に出向いてそのような検査を自発的に受けるとは考えにくいので、5月から7月にかけて何度か警察に保護され、薬物使用の疑いで調べを受けたと解釈すべきでしょう
あるいは本当にわざわざ警察病院にまで出向いて、検査を受けたのか(警察が薬物使用の疑いで内偵している。などの噂に過敏に反応し、それなら自分が警察病院に行って検査を受け、疑いを晴らしてやろうとの理屈)?
なぜ取材した記者が突っ込まないのか、不思議です
歌舞伎町界隈で朦朧と徘徊しているところを保護されたのは事実でしょうから、華原の「歌舞伎町には行ってない」発言はウソでしょう
華原自身、自分の行動をはっきりと記憶していないのかもしれません
そうなると同棲していた男性からドメスティックバイオレンスの被害にあっていた、との本人談はどこまで信用できるのでしょうか?
華原朋美が6年間も男性と同棲していたのなら、芸能メディアが報道しないはずがありません。この男性が実在の人物ではなく、華原の妄想だという可能性もあります
睡眠薬への依存も考えられますし、かなり病的な状態にあるとも考えられます
それでも「芸能界復帰」への執着は強く、それが現在の華原の心の支えになっているのでしょう
小室哲哉と組んでいた絶頂期が忘れられず、「あの頃に戻りたい」と願っているのでしょうし、小室哲哉を恋人として諦めきれないでいると推測できます
もしここで目標を失えば心が折れてしまい、自殺を図るかもしれません
芸能界復帰を目指してリハビリ中という、危ういバランスの上でなんとか自分を保っているのが現在の状態なのかな、と思います

(関連記事)
竹田恒泰の二股交際を考える
華原朋美が竹田恒泰と破局
華原朋美の新恋人は明治天皇の玄孫
プッツンした華原朋美の芸能界復帰計画
芸能界と薬物使用
酒井法子はなぜ逃げ続けるのか?
JAYWALK中村容疑者の覚醒剤乱用を考える
田代まさしコカイン所持で逮捕
広末涼子離婚のドロドロ
広末涼子の奇行伝説
タレント飯島愛の死因がエイズだと報じる中国メディア
覚醒剤でASKA逮捕 合成麻薬も使用


Super Best Singles~10th Anniversary
ジェネオン エンタテインメント
2005-12-14
華原朋美

ユーザレビュー:
華原朋美初のオールタ ...
ベストだけに。ベスト ...
もう少し…せっかくの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Super Best Singles~10th Anniversary の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル