村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?

第143回芥川賞・直木賞贈呈式が行われたとのニュースがありました
この記事を読んだついでと言っては失礼なのでしょうが、長年気になっていた「村上春樹が芥川賞を取れなかったのはなぜか?」について書いておこうと思います
以前、雑誌「ダ・カーポ」が芥川賞、直木賞の特集を企画し、その中で「なぜ、村上春樹は芥川賞を逃したか?」について書いていました
1979年に「風の歌を聴け」、1980年には「一九七三年のピンボール」で芥川賞候補としてノミネートされましたが、選考委員のウケが悪く受賞には至りませんでした
ちなみに1979年上半期の芥川賞は「やまあいの煙」で重兼芳子、「愚者の夜」で青野聰が受賞しています。いまでは、「重兼芳子。誰だ、それ?」と思う人が大半でしょう
1980年上半期の芥川賞は該当者なしです
選考委員の見識を疑うべきなのか、村上春樹の初期作品にはそれだけの価値がなかったと言うべきなのか、見方はさまざまだと思います
が、この「風の歌を聴け」と「一九七三年のピンボール」は自分の好きな小説ですし、この初期の作品があったからこそ、いまでも村上春樹の小説を読み続けているわけで、価値がないという見方には納得できません
当時、自分は村上春樹がどのような作家であるかも知らず、文壇でどう評価を得ているのかも知らずにこれらの作品を読み、ただ素直に「面白い」と思いました
これよりも前、村上龍の「限りなく透明に近いブルー」が芥川賞を受賞し、社会現象を巻き起こしています。それに比べる、村上春樹に対して芥川賞の選考委員が「インパクトが薄い」と感じた可能性はあるのでしょうが
もちろん賞は巡り合わせにも左右されますし、芥川賞を逃した件が日本の現代文学史の汚点だとか、疑惑と騒ぐつもりはありません。ただ、作家や評論家として名のある選考委員の見識も「この程度のもの」と限界を示しているとは言えるでしょう
要するに当時の選考委員たちは村上春樹のこれら初期作品に、小説の可能性を見出せなかったのだ、と
日本文学の停滞が叫ばれて久しいのですが、小説を書く側の技量が問題視されるのは当然ですが、各種文学賞の選考に関わる人達が目利きとして有能かどうかも問われるべきだと思います

(関連記事)
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
https://05448081.at.webry.info/202010/article_22.html
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201909/article_20.html
中国は村上春樹をどう読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201911/article_34.html
中国は村上春樹をどう読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/201912/article_9.html
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
作家安部公房の未発表作品「天使」掲載で文芸誌増刷
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
第153回芥川賞候補にピース又吉「火花」が
三島賞受賞蓮實重彦 「はた迷惑」と批判
芥川賞候補「美しい顔」 講談社は盗作否定の強気
芥川賞候補作で盗作問題 北条裕子「美しい顔」


芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか―擬態するニッポンの小説 (幻冬舎新書)
幻冬舎
市川 真人

ユーザレビュー:
斎藤美奈子にはガッカ ...
僭越ながら・・・本書 ...
遅れてきた青年得意に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか―擬態するニッポンの小説 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル