押尾学裁判 もう死んでいた断定する弁護人

押尾学被告の裁判が続いています。産経新聞の法廷ライブは、証人と検察官や弁護人とのやりとりを逐語形式で記事にしていますので、膨大な量になっています


すべてに目を通すのは大変なのですが、頑張ってたどってみます
弁護人の方針は、麻薬MDMAを服用した田中さんが急性の中毒症状により、押尾被告が介抱する間もなく急死してしまった、と主張し、これを貫くことにあります
そのため「救急車を呼ぶまでもなく死んでしまった」とか、「マネジャーが駆けつけたときにはもう死んでいた」などなど、田中さんが勝手に死んでしまったかのように印象づけようとする発言を繰り返しています
4日目の公判でも証人として立った消防庁の職員に対し、「救急車を呼んでも病院搬送まで時間がかかり田中さんは助からなかったはず」との言質を引き出そうと執拗に問いを投げかけています
あるいは、「救急車に同乗している救命士では満足な救命措置を実施するのは不可能であり、田中さんを助けることはできなかった」と裁判官や裁判員に印象づけるための質問を繰り返しています
自分としてはこの弁護士の「もう死んでいた」とか、「助からなかった」という発言を読むたび非常に不愉快な思いがします
「もう死んでいた」とか「助からなかった」ではなく、押尾被告には助けようとする意志がなかったところに最大の問題があると感じるからです
押尾被告は重篤な状態の田中さんを前に、マネジャーと電話し救急車を呼ぶとか呼ばないの押し問答を延々と続けていますが、田中さんを助けることより自分の身を守る方法ばかりを考えていたのでしょう
ですから、弁護人が救急医療の限界を立証しようとしたところで虚しいだけです
田中さんの死は日本の救急医療制度の限界によるものではなく、押尾被告が見殺しにしたためです
もちろん徹底的に争う構えの押尾被告ですから、この東京地裁での一審で仮に負けても控訴し、二審に持ち込むつもりでいると推測されます
しかし、無罪を主張して足掻けば足掻くほど、評判を落とし泥沼に沈む結果を招くはずです。最初から罪を認め、改悛の情をアピールすべきだったのではないか、と思います

(関連記事)
押尾学、女性の死亡について立件されるか
押尾被告と高相被告 その違い
押尾学に判決 形式的な裁判
森元首相の息子 飲酒運転で事故
森元首相長男逮捕で大慌てするピーチ・ジョン野口美佳社長
押尾学 裁判で無罪を主張
押尾学 「一生面倒を見る」とマネジャーに罪を被せる
押尾学事件 矢田亜希子の女優業は順調
押尾学裁判 PJ野口美佳社長は沈黙
押尾学裁判 野口社長との関係暴露にあわてる
押尾学に懲役2年6月の実刑判決
押尾学「ジョニー・デップみたいに復活してやる」発言
押尾学の保釈認めず ミカジョンに損害賠償請求も
「まるで平家の落人」 押尾学控訴審に母親出廷
覚醒剤でASKA逮捕 合成麻薬も使用
「覚醒剤使用は眠気覚まし」と言い張ったASKA被告
コカインの高部あい釈放 捜査終了か?
高部あい コカイン逮捕の波紋
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
ASKAまた覚醒剤使用か 逮捕間近と報道


やまとなでしこ(2) [DVD]
フジテレビ
2001-03-23

ユーザレビュー:
かっこいい!!松嶋さ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やまとなでしこ(2) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル