清心女子高校傷害事件を考える7 医療少年院送致

横浜市の清心女子高校で6月に同級生を刃物でさした1年生の女子生徒について、横浜家庭裁判所は医療少年院に送致する決定を下しました

同級生を医療少年院送致=高1女子生徒刺傷-横浜家裁

家庭裁判所の判断は、「(事件の背景には少女の)社会適応能力や現実検討能力の低さなど、資質上の問題性が影響している。非行の重大性と向き合わせ、再非行を防止するとの観点から、系統的な矯正教育の必要がある」として4年程度の期間、少年院に収容すべきであるというものです
中等少年院送致ではなく医療少年院への送致としたのは、何らかの医療措置が必要と判断されたためでしょう(それがどのような措置なのかは分かりません)
いわゆる精神薄弱と判断される少年の場合、特殊教育を必要とされますので特殊教育を行っている医療少年院に送致される場合があります。この女子生徒の場合は高校に進学しているわけですから知的能力に問題があったとは考えられませんので、精神医学的な措置を必要とした判断だろうと思います
この事件で女子生徒は鑑定留置となり、精神鑑定が行われています。その結果がどのようなものであったか公表されていませんが、もし統合失調症だとする鑑定結果であれば家庭裁判所は少年院送致にはせず、措置入院の判断をしていたと考えられます
つまり授業中に同級生を刃物で刺したこの女子生徒について、統合失調症ではないとの判断があったのでしょう
ただし、「事件は彼女の社会適応能力や現実検討能力の低さによるもの」との文言だけでは、なぜ女子生徒が同級生を刺す行動に出たのかは十分説明できていません
その辺りの力動を鑑定留置や少年鑑別所の資質鑑別でどう説明しているのか、気にかかるところです。もちろんそうした情報は開示されないわけですが
被害者側には家庭裁判所の審判に同席できるので、裁判官の判断を聞いているのでしょうし、メディアにも部分的な情報は流れる可能性はあります
もしこの女子生徒が社会適応能力が低く、年齢相応の現実検討能力が備わっていないのであれば、小学校や中学校での生活でさまざまな対人関係上のトラブルがあったはずですが、事件の報道を追いかけていた自分の目にはそうした記事は映りませんでした
各メディアともこの事件に関心を示さず、加害者や被害者周辺の取材もしなかったのでしょうか?
推測するならば、公立の小学校から中学校は同じ地域のこどもが通うため、この女子生徒のように適応能力が欠けていても同級生の中である程度の人間関係は作れていたのかもしれません。高校進学によってそうした人間関係は解体され、新しい学校で新しい人間関係を作る必要に迫られたのですが、彼女にはそれが難しかったと考えられます
あるいは前にも書きましたが、明るく活発な同級生に対する羨望が嫉妬や憎悪という歪んだ感情となって膨らみ、「殺してやる」というところまでエスカレートしたのかもしれません
現実検討能力が備わっていれば、彼女は彼女、自分は自分と分別をつけ、自分の感情を制御できたとも考えられますが
はたまたもっと根深い問題を心の奥に抱えていた可能性もありますが、そうと決めつけるだけの材料、生育上のエピソードもありませんので憶測は控えます
刺された被害者の方はどうなったのでしょうか?
傷は回復したものの意識は戻らないと7月の時点では報道されていました
失血がひどいと血圧が下がり、脳に十分な血液が流れなくなります。その結果、脳細胞に酸素が行き渡らくなって脳死状態に陥ります
裁判の結果を報じるのであれば、被害者の状況についても触れてもらいたいものです

(関連記事)
清心女子高校傷害事件を考える1 「うるさかった」
清心女子高校傷害事件を考える2 共時性
清心女子高校傷害事件を考える3 押収されたメモ
清心女子高校傷害事件を考える4 思いやりと我慢
清心女子高校傷害事件を考える5 そして沈黙
清心女子高校傷害事件を考える6 彼女のようになりたかった
奈良同級生殺人を考える 6 広汎性発達障害
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
女子高生が同級生をナイフで刺す 高野山高校
女子高生が同級生をナイフで刺す 高野山高校の続報
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える2 地域の不審者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える5 起訴したものの
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
台東区母親殺害事件を考える 15歳の長女逮捕


思春期のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版)
講談社

ユーザレビュー:
気持ちが楽になって生 ...
本人が落ち着いて読め ...
理解する為の入門書自 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 思春期のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル