水嶋ヒロ 小説賞受賞で鮮烈デビュー

俳優を引退すると突如宣言し、所属する芸能事務所を辞めて騒ぎになっていた水嶋ヒロですが、小説家としての活動のスタートはポプラ社の『第5回ポプラ社小説大賞』の大賞という派手なものになりました


賞の選考経過が不明なので何とも言えませんが、勘繰った見方をすれば俳優引退騒動の際には、すでにこの文学賞の最終候補作品にノミネートされていたのかもしれません
本人なりに作品の手応えを感じていたからこそ、俳優を引退して執筆稼働に専念したいと言い切れたのかな、と思ってしまいます
水嶋ヒロの俳優引退、作家活動宣言には批判的な報道もありました

水嶋ヒロ小説家転向の“勘違い”

こうしたバッシングとも言える報道には強く疑問を感じたものです
芸能界の秩序とやらがそれほど重要なものなのか、と
それに芥川賞を受賞した作家といっても、その受賞作だけの「一発屋」が多いのも事実です。辻仁成が水嶋ヒロの目標になるような作家であるかも疑問です。確かに辻仁成はミュージシャン、作家、映画監督と多方面で活動してはいますが、映画監督としてはいまいちでヒット作はありません
今回、ポプラ社は「元俳優水嶋ヒロの作家デビュー作」という理由だけで賞を与えたとは考えられず、出版に値する作品と見たからこそ選んだのでしょう
小説好きな人間としては新たな書き手の登場は大歓迎です

(関連記事)
水嶋ヒロ 芸能界引退
水嶋ヒロの引退騒動のモヤモヤ
水嶋ヒロ 文学賞受賞騒動
水嶋ヒロ「KAGEROU」が68万部突破
水嶋ヒロ、絢香離婚の危機?


彼女との正しい遊び方 [DVD]
TCエンタテインメント
2008-07-02

ユーザレビュー:
短い時間の中で。この ...
理人様好きはぜひ!メ ...
DVD化を待望してま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彼女との正しい遊び方 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル