宝塚音楽学校集団いじめ事件 真相を暴露する本出版

宝塚音楽学校内で特定の生徒グループがいじめを行い、なおかつ「コンビニエンスストアで万引きしているところを見た」とウソの申し立てをし、退学処分に追い込むという醜悪にして卑劣な犯罪を企てた事件については前にも取り上げました
退学処分を受けた生徒は宝塚音楽学校を相手に訴訟を起こし、和解が成立したのですが(学校側はいじめを認め賠償をするものの、音楽学校への復学は拒否)、事件の全貌が出版される運びとなりました

大マスコミが無視した、タカラヅカいじめ裁判の全貌がいよいよ露に

いじめグループのボスであった生徒も退学処分になっているのですが、そちらについてはサイゾーウーマンが別の記事で取り上げています

宝塚歌劇団イジメ問題にあの有名寺が関係

宝塚音楽学校の対応は実に不可解なものです。当初はいじめがなかったと否定し、裁判でいじめの実態が明かされると一転していじめを認めるものの、退学処分は撤回せずに復学は認めないとの姿勢を貫きました
何を守りたかったのでしょうか?
宝塚歌劇団の看板を守りたかったのか、それとも音楽学校の教師や理事らの無能さがバレるのが怖かったのでしょうか?
裁判記録についてはインターネット上でも公開されていますが、何とも釈然としない事件です
孤立無援の中、退学処分を受けた生徒は敢然とこれに立ち向かい、数々の証言を引き出すなどしていじめの実態を法廷で暴露し、万引き事件がでっち上げであると証明して傲慢な宝塚音楽学校を追い詰め、和解に持ち込みました
宝塚音楽学校への復学はかなわず、歌劇団への入団も諦めざるを得なかったのですが、彼女の闘いには心から敬意を表したいと思います
事件の根底にあるのは生徒間の嫉妬なのでしょう
同期入学の中で、娘役や男役のトップに立てるのはせいぜい1人ですから、この座を巡り生徒の間で熾烈な競争と、ライバルを陥れようとする陰謀が渦巻いている実態が暴露されたと言えます
そして音楽学校は厳しい教育と規律で生徒を指導している振りをしているだけで、実態はかなりお粗末であるとバレてしまいました。教師も無能だと自ら証明したようなものです。「金を払うから退学処分を受け入れろ」という態度はお粗末すぎます

(関連記事)
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
宝塚音楽学校の集団いじめ事件 まとめ
映画「十二単を着た悪魔」公開
黒木瞳の娘 宝塚受験も毎回不合格
女優黒木瞳の娘が主犯 青山学院いじめ事件
青山学院中等部いじめ事件 女優Kの娘が関与
横浜市で原発避難生徒いじめまくり 学校は放置


ドキュメント タカラヅカいじめ裁判―乙女の花園の今
鹿砦社
山下 教介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント タカラヅカいじめ裁判―乙女の花園の今 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル