市川海老蔵事件から小林麻央バッシングへ

病院に入院している市川海老蔵が屋上に姿を見せたところをテレビ局のカメラが撮影、夕方放送のニュースの中で放映されました
しかし、リアルライブは記事の中で妻である小林麻央をかなり激しく叩いています

屋上撮で分かった、小林麻央の梨園の妻としての適性

「これまではスーツや着物などカッチリとした格好が多い印象の麻央だったが、海老蔵とおそろいのニット帽にマスク、スウェット風のパジャマという田舎のヤンキーがコンビニに行くような格好をしていた。いくら病院に入院しているとはいえ、あの格好はまずいのでは」と容赦ありません
病院で付き添っているのですから、ニュースキャスターのようなスーツ姿でパッツンパッツンのメイクをしているわけにもいかないでしょう
「田舎のヤンキー」みたいなスウェット姿の方が病院内では目立たなくてよいと思うのですが
「海老蔵の入院後は報道陣を避けるように病院に泊まり込んでしまい、報道陣に気丈に対応している海老蔵の母・希実子さんとはかなり対照的だが、梨園の妻たちは希実子さん以上の“女傑”ぞろいだ」とも書いていますが、これは家族内でも役割分担であって小林麻央の落ち度とは言えません
たとえ小林麻央が報道陣の前に出て取材に応じたとしても、何を語れえばメディアは満足するのでしょうか?
どのような受け答えをしたところで、夫海老蔵の不祥事と一緒にバッシングを受けるのは確実です
「梨園の妻」として斯くの如くあるべき、と理想論を語るのはたやすいのでしょうが、それを現実にこなせる芸能レポーターや取材記者は皆無でしょう
つまり自分にはやれもしない理想を並べ立て、「梨園の妻」はかくあるべしと言っているだけです
「あの歌舞伎役者の妻はかくかくしかじかで立派だ」との話を持ち出したところで、小林麻央にとっては何の救いにもなりません
女性ならば誰もがこうした経験(他所の家の女房を例に挙げ、「あそこの家の女房は立派だ。それに比べておまえは・・・」と言われた経験)があるのではないでしょうか?
小林麻央は市川海老蔵という暴れ馬に翻弄され、毎日戸惑い、途方に暮れているのではないかと思います。結婚前に描いていた生活との、あまりの違いに落胆しているのかもしれません
豪傑とされる歌舞伎役者の妻にしても、歌舞伎役者の家で生まれ育ったのならともかく、そうでなければ新婚時代は右も左も分からず失敗続きだったはずです
「梨園の妻」になったのだからいますぐ100点満点の対応をしろ、などと要求する方がどうかしていると思ったので取り上げました

(関連記事)
市川海老蔵 休演損害は膨らむばかり
市川海老蔵 殴られて大怪我
市川海老蔵 人間国宝に執着する理由
市川海老蔵 病室で号泣する日々
市川海老蔵 謝罪会見?
市川海老蔵 内なるコンプレックスとの闘い
市川海老蔵事件 嫁姑の確執と書くメディア
海老蔵を殴った男 伊藤リオン逮捕
市川海老蔵降板 代役は坂東玉三郎
海老蔵事件 暴走族側が会見中止した事情
海老蔵事件 まだまだ続く妻麻央へのバッシング
海老蔵事件 小林麻央を叩き続けるメディアの怪
市川海老蔵・小林麻央 借金地獄生活
海老蔵 殴打事件で和解
海老蔵事件 「和解は麻央のため」
海老蔵事件裁判 灰皿にテキーラを入れ飲むよう強要
海老蔵・小林麻央 水100本購入で批判される
落語家の笑えない話 三遊亭楽太郎が円楽襲名
市川染五郎「伊達の十役」倍返し発言
歌舞伎中村橋之助に不倫騒動