ツイッターでホテル従業員が暴露 サッカー稲本と美人モデルデート

サッカーの元日本代表である稲本選手が美人モデルとホテルで会食していたと、ホテルの従業員がツイッターに書き込んだ事実が発覚し、騒ぎになっています


モデル田中美保(28)とサッカーJ1川崎Fの元日本代表MF稲本潤一(31)が、都内のホテルでデートしていた様子を同ホテルのアルバイト従業員が自身のツイッターで「実況中継」したことが12日、分かった。この日、ネット上で大騒動になり、同ホテルは同従業員による個人情報漏えいの事実を確認し、近日中に処分することを明らかにした。田中の所属事務所と稲本が所属する川崎Fは、ともに事実確認ができていないとしている。
サッカーW杯に3大会連続で出場した稲本と、人気モデル田中のデート現場が、一般人のツイッターで明かされた。発信元は2人が訪れた都内の一流ホテル内にある、鉄板焼き料理店の店員とみられ、同店員は11日午後10時50分にこうつぶやいている。
稲本潤一と田中美保がご来店
田中美保まじ顔ちっちゃくて可愛かった…今夜は2人で泊まるらしいよ
お、これは…(どきどき笑)。
田中と稲本の親密ぶりは、他の人物のツイッターでもひんぱんに書き込まれている。Jリーグがシーズン中の昨年11月3日には別の飲食店員と見られる人物に「稲本選手と田中美保がご来店~。すっぴんでもあんなに可愛いとか反則!!」と書き込まれていた。
またシーズン後の12月29日には「ヒルズで映画みたら、隣席にサッカーの稲本と田中美保が。異色な組み合わせだわね!(◎_◎;)」と書き込まれ、元日の午後7時54分にも「隣の個室に稲本、田中美保カップルなう。」と投稿された。
今回の現場となったホテルの広報は「弊社の関係者、本人に確認し、レストランで働くアルバイトが、個人情報をブログ等で流した確認が取れました。速やかに本人に相応の処分を下します」と説明した。全従業員に、利用客の個人情報を守秘する宣誓書を書かせるというが、従業員による利用客、それも有名人の「デート実況中継」は前代未聞だ。田中の所属事務所と稲本が所属する川崎Fは「本人と事実関係が確認できていない」などとしたが、現段階でデートの事実は否定していない。
有名人に関するツイッター騒動は、昨年末にも話題になった。タレント大桃美代子のつぶやきをきっかけに、麻木久仁子、APF通信社代表の山路徹氏による不倫・三角関係が明らかになった。本人発、一般投稿という形態を問わず、簡単に情報が発信されるツイッターの怖さが、あらためて問われることになりそうだ。
(日刊スポーツの記事から引用)


ホテル側はこの従業員(アルバイト)に採用時、守秘義務に関する研修を受けさせたと釈明していますが、研修はまったく意味をなさなかったわけです
さて、稲本選手とデートしていた美人モデルについては別に詳しい報道がありますので、そちらを御覧ください

稲本&田中美保デート ツイッターで暴露

なぜこんな事態になったのか、考えてみましょう
仕事上知り得た個人情報(この場合はホテルの利用客に関する情報)は部外に漏らしてはならない、と研修で教えたはずです
しかし、アルバイトの女性従業員はツイッターに「ホテルで有名人を見た」と書き込むのは守秘義務違反とはまったく考えなかったのでしょう
それは「友達に話をするのは守秘義務違反にならない」という感覚と同じだと思われます
もちろん友達に話をするのも明らかな守秘義務違反なのですが、彼女たちはそう考えません。研修でどう説明しようと、彼女たちは「友達に話すのはくらいなら問題はない」と勝手に解釈し、ペラペラとしゃべります
その感覚からすれば、ツイッターへの書き込みも「守秘義務違反にはならない」と勝手に思い込んでしまいます
自分の知り得た情報を話題として友達に伝える行為は日常の一部ですから、それが守秘義務違反だと指摘され、彼女は驚いたのかもしれません
つまり守秘義務という原則だけを教えてもダメなのであり、具体的事例を列挙し、ツイッターやブログに書き込むのも守秘義務違反であり、友人のメールで伝えるの守秘義務違反だと教える必要があります
ですが、それで情報漏洩が完璧に防げるわけではありません
家族があつまる夕食時、「今日、職場でこんなことがあった」と語るのも日常生活の一部になっていますから、守秘義務違反だと思わない人が多いのです
家族内の会話だからいいじゃないか、と
これは「友達同士の会話だから問題ない。それくらいいいでしょ?」とする感覚と同じです
「個人情報を漏らしてはいけない」と従業員に教育しなければならない立場の管理職にとって、大変に頭の痛い問題です
尊敬する上司、信頼できる同僚から、「うちのホテルは有名人のお客さんも多いけど、誰それの姿を見た、なんて話を友達に教えたりしてはいけないよ」と言われれば素直に従える人は多いのかもしれません
しかし、嫌いな上司や信頼できない同僚から言われれば、「うっとおしいな」と思うだけで、従う気になれないでしょう
人間は知り得た情報を誰かにペラペラとしゃべりたがるものです。それによって自分の存在をアピールし、周囲から認めてもらいたいと欲するからです
個人情報を漏洩させてはならないという時代の要請に、各企業や個人がどう対処するか、難しい問題です(今回も結論となるような有意義な提言、指摘はありません。心理臨床の場でも医療の場でも、個人情報を漏らさないようにするのはどうすべきか、難しい課題です)

(関連記事)
芸能人恋愛暴露 ウェスティンホテル騒動
田中美保・稲本デートを暴露した女子大生 損害賠償請求もあり
ウェスティンホテル騒動その後 暴露した女子大生反省の弁
ツイッターで芸能人情報を暴露した女子大生 場外乱闘
防弾少年団ファン 暴走して炎上騒動
日本大学職員のパソコンから機密情報流出
学級崩壊 対応への失敗例
ツイッター発言を批判され炎上 民主党前議員
「レイプは女が悪い」発言で立教大生炎上
強姦擁護発言で炎上の立教大生 その2
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
青山学院大生 スーパー店内でダンスし炎上騒動
添田大地(元立教大 学生レポーター)強盗容疑で逮捕
神戸大学生がホームレス襲撃してVサイン
アディダス女性店員がツイッターでJリーガーに侮辱発言
「同僚の酒にハルシオン入れた」 ツイッターで騒動
俳優伊勢谷友介「ネット右翼発言」を取り消し謝罪
福山雅治宅へ侵入したコンシェルジュ逮捕


開業医が知りたい個人情報保護法対策(CD-ROM付)
SCICUS
戦略法務研究会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 開業医が知りたい個人情報保護法対策(CD-ROM付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル