第144回芥川賞決定 朝吹真理子と西村賢太

第144回芥川賞、直木賞の選考会が本日1月17日、東京・築地の新喜楽で実施され、それぞれの受賞作が決定した。
芥川賞は、デビュー作で2010年の『第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞』を受賞するなど注目を集めてきた朝吹真理子の『きことわ』(新潮9月号)と、これまでにも『どうで死ぬ身の一踊り』『小銭をかぞえる』で芥川賞候補にノミネートされてきた西村賢太の『苦役列車』(新潮12月号)の2作品が選ばれた。
直木賞には、出版社勤務、フリー編集者を経て2004年に小説家デビューを果たした木内昇の『漂砂のうたう』(集英社)と、デビュー作『背の眼』で『第5回ホラーサスペンス大賞』特別賞を受賞した道尾秀介の『月と蟹』(文藝春秋)が選ばれた。芥川賞、直木賞共に2作品が選出されるのは、2003年以来、実に7年ぶりのこととなる。
(CINRA.NETの記事から引用)


前評判通り、朝吹真理子が第144回芥川賞に決定しました
水嶋ヒロがポプラ社の新人賞に決定した後、一部のメディアは「できレースだ」と執拗に報道していましたが、今回の朝吹真理子についても同じ報道をするのでしょうか?
朝吹真理子の場合、そのルックス(産経新聞の記事の写真を参照)が話題になり、美人女子大生作家ともて囃されました
さらに祖父や父がフランス文学者で大叔母がフランソワーズ・サガンの翻訳者として有名な朝吹朝吹登水子という血筋です
しかし、ルックスや血筋ばかりを言われるのは本人として心外でしょう。作品をこそ評価してもらいたい、というのが本音だと思いますので、メディアの取り上げ方は納得できないだろうと推察されます
ただ小説家も人気商売ですから、話題として取り上げられるだけの素養や血筋、容姿に恵まれているのは、そうでない小説家よりアドヴァンテージを持っているのは事実でしょう
ルックスも天が与えた才能の1つです
別の記事では、朝吹真理子の芥川賞候補作「きことわ」が掲載された「新潮」9月号のバックナンバーが売り切れ状態だ、と報じていました
文芸誌「新潮」はさほど売れる雑誌ではありませんから、書店を経由してバックナンバーを注文すれば簡単に手に入るのですが、朝吹真理子の作品が掲載された9月号だけは在庫切れのようです。ヤフーのオークションに出せばおそらく数万円の価格で取引されるでしょう
前にも書きましたが、第130回芥川賞が金原ひとみと綿矢りさに決まった際、受賞作品を掲載した文藝春秋3月号は80万部と数を増やして発売されたもののすぐに売り切れ、さらに増刷して118万部も売ったとされます
それだけ芥川賞は一般読者の関心が高かいと分かるエピソードです
今年発売される文藝春秋3月号にも朝吹真理子の「きことわ」が収録されますのでかなりの部数が印刷されるのでしょう

(関連記事)
芥川賞候補「美しい顔」 講談社は盗作否定の強気
芥川賞候補作で盗作問題 北条裕子「美しい顔」
第153回芥川賞候補にピース又吉「火花」が
三島賞受賞蓮實重彦 「はた迷惑」と批判
第145回芥川賞該当なし、直木賞は池井戸潤「下町ロケット」
芥川賞受賞作 朝吹真理子「きことわ」を読んで
第144回芥川賞・直木賞の候補作発表
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
芥川賞・直木賞候補決定
芥川賞・直木賞決定
第142回芥川賞、直木賞候補作決定
芥川賞該当なし 直木賞は佐々木、白石
五木寛之 直木賞選考委員辞任
第143回芥川賞・直木賞候補決定
第143回芥川賞、直木賞決定
第143回芥川賞・直木賞 選考の内幕