日本のイメージは世界最高 中国人「なぜだ?」

サーチナの配信記事が、米タイム誌が実施した「国家イメージ」の調査結果で日本が

世界的に評価されている理由について触れています

「日本のイメージは世界最高」…中国で「なぜだ!?」 
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0128&f=national_0128_152.shtml

最初に背景説明をしておきます

中国政府は国内のメディアを使って、「日本はアジアで嫌われている。アジア各国か

ら批判されている」と繰り返し報道させています

つまり、日本は世界の嫌われ者であり、中国は世界から尊敬されているとの宣伝工

作を繰り返してきたのです

ところがアメリカの雑誌「タイム」の調査では日本のイメージの方が中国より上、との

結果が出ているのですから、多くの中国人はその事実に直面し驚き、戸惑うのは当

然でしょう

中国がいかに政治宣伝を繰り広げ、日本批判を繰り返したところで無駄だと理解した

のかどうかは不明ですが、これまでの政治宣伝が効果を発揮しなかったとの事実は

認めるのでしょう

だからといって中国政府が日本と真の友好関係を築こうとは考えたりはしません

これまでに何度も書いてきたように、「日中戦争を勝利に導いたのは中国共産党であ

る」との理由が、共産党独裁体制を正当化する根拠です。そのため、日本は永遠に

悪役でなければならないと中国共産党は考えており、その考えは未来永劫変わらな

いのです

話をサーチナの記事に戻します。軍事情報メディア「鼎盛軍事網」は日本のイメージが

高い理由として義務教育の普及を挙げていますが、この程度の分析しかできないの

か、と思ってしまいます

この辺が中国の限界なのでしょう

日本はチベット人やウイグル人を虐殺しまくっている中国のような人権侵害国家では

ありません。日本の国家イメージが高い理由はそこにあります

ノーベル平和賞受賞者を逮捕し、監禁している中国とは違います

他国に不法入国して不法就労したり、その国の法律に違反する商売を堂々と行うよ

う民度の低い中国人とは違います

そして日本は非西欧圏ながら独自の文化を持つ国です。文化大革命と称して自国の

文化を破壊しまくった中国とは違います

中国は己の姿を直視する気はさらさらないのでしょう

もちろん日本の国家イメージが高評価を得ているとしても、日本人がそれに慢心して

よいというものではありません

日本は日本で、山ほど課題を抱えているのが現実です

他国を非難して優越感に浸っている場合ではありません

日本の国の有り様を左右するのは我々日本人なのですから、直面するさまざまな問

題の解決を解決するのも日本人の責任です

(関連記事)
「日本は敗戦の歴史を学んでいない」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201608/article_22.html
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201301/article_22.html
「日本人は歴史と向き合え」と言う中国の高校生
http://05448081.at.webry.info/201011/article_37.html
中国の珍アンケート調査 日本人女性のイメージ
http://05448081.at.webry.info/201011/article_11.html
中国人観光客44人が失踪
http://05448081.at.webry.info/201010/article_50.html
世論調査「中国を信頼できず84%」
http://05448081.at.webry.info/201010/article_8.html
ポップカルチャー外交が変える日本のイメージ
http://05448081.at.webry.info/201001/article_25.html
中国がアメリカでイメージアップCMを流すも酷評される
http://05448081.at.webry.info/201101/article_50.html
「ドラゴンボール」みたいな中国のオリジナルアニメ「魁拔」
http://05448081.at.webry.info/201009/article_127.html
中国アニメ 今度は「ONE PIECE 」のパクリ
http://05448081.at.webry.info/201012/article_15.html

日本はどう報じられているか (新潮新書)
新潮社
石澤 靖治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本はどう報じられているか (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル