韓国選手「猿真似」問題3 スコットランドメディア激怒

アジアカップ準決勝の日本戦で先制ゴールを決めた際、日本人を侮蔑するかのような猿のモノマネをしたとして物議を醸した韓国人選手の問題です
キ・ソヨン選手は、「あの猿真似は日本人を侮辱したものではなく、スコットランドでの試合で自分をモンキーと侮辱した観客へ抗議するためだ」と話をすり替え、自分が人種差別的なパフォーマンスをしたのではなく、むしろ被害者であるかのような釈明をしています
ところがその発言にスコットランドのメディアが激怒しています

スコットランド紙がキ・ソンヨンを痛烈批判「都合の良いすり替え」

「日本や国際社会からの批判を逃れるために、スコットランドのファンを標的にした」と報道し、FIFA(国際サッカー連盟)などから制裁を受ける可能性が高いため、「欧州人たちが行う人種差別に対する抗議活動」に問題をすり替えたと厳しく批判しています
アジアカップは日本の4度目の優勝で幕を閉じましたが、キ・ソヨン問題はまだまだ終わりそうにありません
スコットランドのチームに所属するキ・ソヨンは現地へ戻り次第、スコットランドのメディアに対する釈明に追われるのでしょう
そのときはまた別の言い訳を持ち出すのでしょうか?
読売新聞は27日の報道で、「一件落着」とする短い記事を配信しています。問題の背景を掘り下げようともせず、「謝罪したらしいからもういいだろう」との態度であり、これ以上追求すれば日韓関係に悪い影響を及ぼすとでも考えたのでしょう

奇選手「猿まね」理由説明し謝罪、一件落着

しかし、メディアならば問題の背景をきちんと取材し、読者に正確な情報を伝達すべきであり、「一件落着」で片付けるのは大いに疑問です
日関関係を考えるのなら、読売新聞のような「腫れ物に触るような扱い」は大きな間違いだと言わざるを得ません
韓国人の抱える歪んだ対日感情を直視し、それをこそ報道すべきでしょう
さて、最後になりますがアジアカップで4度目の優勝を決めた日本代表チームの活躍を賞賛し、彼らの傷だらけの勝利を祝福したいと思います
足の指の骨折でチームを離れた香川選手の気持ちも、これで少しは晴れるのではないでしょうか?
香川選手がジャンプして着地する際、足を上から踏みつけたのは問題のキ・ソヨンだったと言われています。どこまでも迷惑な男です

(関連記事)
サッカー暴行事件で浦和を批判し、韓国チームを擁護する張本勲
サッカー暴行事件 浦和レッズを襲った韓国チームに制裁
椎名林檎W杯応援歌を右翼的と批判する中韓
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
プレミアリーグでの旭日旗応援を敵視する韓国メディア
サッカー日韓戦 大敗に憤る韓国人の声
サッカー日本代表 8月韓国戦の発表に批判の嵐
日本と中国のサッカー 監督の差?
サッカー・アジア杯 韓国選手猿真似パフォーマンスで処分か?
韓国選手「猿真似」問題2 韓国メディアのおかしな釈明
韓国選手「猿真似」問題4 韓国メディアと日本メディアの違い
韓国選手「猿真似」問題5 犬食い野郎と野次られたキ・ソヨン
あのトルシエが中国クラブチームの監督に就任
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
中国サッカー アジアカップでも惨敗
アジア大会サッカー 日本が男女とも優勝を決める
アジア大会サッカー 日本はインドに勝ち準々決勝へ
アジア大会サッカー 日本は3-0で中国に快勝
サッカー日本戦の敗北にうろたえる中国
W杯予選 イランと韓国の誹謗中傷合戦
サッカー「ユーロ20」に招待される日本 嫉妬する韓国
浦和レッズ「差別横断幕」騒動を考える
韓国・鄭夢準がFIFA会長選挙に立候補
サッカーのオリンピック最終予選 日本が韓国を下す


サッカーの歴史 (「知の再発見」双書)
創元社
アルフレッド ヴァール

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカーの歴史 (「知の再発見」双書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル