今も存在する戸塚ヨットスクール

戸塚ヨットスクールと聞いても、若い方はご存じないのかもしれません
連日、新聞やテレビのワイドショーが戸塚ヨットスクール事件を報道しまくっていたのは1983年でした。戸塚校長をはじめとして、コーチ役の職員が訓練生への暴行容疑で逮捕され、世間を震撼させました
その戸塚ヨットスクールが現在もなお活動を続けている事情について、日刊サイゾーが記事にしています

高齢化するニートはどこへ行くのか? 戸塚校長のその後「平成のジレンマ」

戸塚ヨットスクールが存在し続ける理由は、そこに子どもを預けようとする親が存在するからにほかなりません
ただ、記事の中にある「情緒障害児を受け入れる場がない」かのような主張は誤りでしょう。全国に公立・私立の種々さまざまな施設が存在する事実を無視しています
中には戸塚ヨットスクールの卒業生が、戸塚ヨットスクール方式のスパルタ訓練を真似た施設を開設し、暴力沙汰で事件になった例もあります
そもそも戸塚宏は教育者ではありません。自身のヨットレースの体験(ヨットレースは不眠不休でヨットを走らせる過酷なものです)を元に、ヨットの選手を育成しようと始めたのが戸塚ヨットスクールです
情緒障害児や不登校児について戸塚宏は何も知らなかったのが実態であり、彼が教育論を語るようになったのは後から学んだ、後付の理屈です。マスコミの批判に反論するため理論武装した結果であり、自分のスパルタ訓練を正当化するために後から付け加えたものです
戸塚宏のヨットレース体験に日刊サイゾーの記事はまったく触れていないのが、何とも不可解でひっかかります
上にも書きましたが、1人でヨットを走らせる単独レースは過酷なものです。数日間にも及ぶレースでは寝る時間を削ってヨットを走らせ続けなければなりません
誰にも頼ることのできないたった1人のレースで、肉体的な疲労や焦燥感、孤独、睡魔と闘い続けなければならないのですが、その結果ある種の「ハイな状態」に到達します。マラソンランナーが体験する「ハイな状態」もこれに当たります
あるいは仏教などの過酷な修行もこうした「ハイな状態」に到達するのを目的にしたものと考えられます。それを「悟り」とも呼ぶのですが
こうして「ハイな状態」を体験した人間は、悟りを開いたかのような確信を得ます
戸塚宏の場合も「自分のやり方は正しい」との確信を抱き、その信じるがままにヨットスクールを運営し、大勢の訓練生を迎え入れ、管理が行き届かなくなり、事件に至ったと推測されます
極限状態に追い込めば覚醒し、「ハイな状態」になり、戸塚宏自身と同じ悟りを開いたかのような精神状態になるのを期待した上でのスパルタ訓練、というのが実態なのでしょうが、訓練生すべてがそうなるとは限りません
世の中には体罰を肯定し、厳しい訓練でビシビシ鍛えれば不登校もひきこもりも解決できると信じ込んでいる人が大勢います
こどもの抱えている問題の多様性を無視し、体罰だけですべてが解決するかのような単一的な取り組みはまったくの誤りであり、多くの弊害を生み出します
上記の記事の中でも、ヨットスクールに入れられたリストカットを繰り返す女の子が投身自殺した事件が紹介されています。そもそもヨットスクールの訓練に不向きなこの女の子を受け入れたことが間違いです
体罰信奉者は「自殺した奴が悪い」と決め付けるのかもしれませんが、それでは何の問題の解決にもなりません
心理療法の信奉者にも同類の人がいます。1つの心理療法に惚れ込む余り、この技法であらゆる問題を解決可能だと宣伝する人たちです
例えば精神分析でも向き、不向きがあります。自己洞察を拒む人に精神分析療法は適していません。そして精神分析は神経症の治療モデルですから、統合失調症など原因を異にするケースの治療までこなせるものではありません。決して万能ではないのです
戸塚ヨットスクール事件から20年経ってしまいました。が、事件を語る視点やその意味を問う姿勢も相変わらず、という気がします
ヨットスクールの実態をカメラで撮ったからといって、何か答えが見つかったりはしません。もちろんディレクターも理解しているわけでしょうが、そこには何の方法論も思索もないように感じられてなりません。カメラを撮影し、あとは視聴者に判断しろと丸投げしているだけのようで

(関連記事)
ひきこもり支援施設を「拉致・監禁」と提訴
https://05448081.at.webry.info/202010/article_39.html
ひきこもり自立支援施設の闇
https://05448081.at.webry.info/202006/article_17.html
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令
突撃おばさん
突撃おばさん その2
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
被災したこどもたちを集め寄宿舎で生活させる愚策に反対
被災したこどもをサマーキャンプに招待する文部科学省
首相夫人へ「福島の集団疎開を」と訴える天木直人
運動会に人間ピラミッドは必要か?
運動会の組体操事故も「安倍政権のせい」と書くメディア
運動会組み体操で139人骨折 それでも止めない理由


戸塚ヨットスクールは、いま――現代若者漂流
岩波書店
東海テレビ取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戸塚ヨットスクールは、いま――現代若者漂流 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル