韓国選手「猿真似」問題5 犬食い野郎と野次られたキ・ソヨン

韓国のサッカー選手がアジアカップ準決勝の日本戦で、日本を揶揄するために猿真似のパフォーマンスをした問題について5度目の言及です
ご承知のように、日本の大手メディアはすっかりこの問題を過去の話とし、報道しようとはしません
しかし、韓国では相変わらずさまざまな形で報道されています
ですがその論調は斜め上の反応と言うか、見当はずれの方向へ向かっているようです
韓国の「毎日新聞」がオム・チャンソクという小説家のコラムを載せていますので紹介します。元の記事は韓国語のため、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳を引用します

(前略)
ここでもう少し詳しく見れば、キ・ソンヨン選手はスコットランドのプロサッカークラブ、セルティクFCで試合中に観衆から「猿のヤジ」を受けたという。白人がアジア人をやじる時、猿のなき声をまねるようだ。
原因が何でもキ選手は自分がされた同じやり方で日本にヤジを送ったのだ。
キ選手が活動しているスコットランドとはどんな所か?アングロサクソン族から侵奪と抑圧を受けたケルト族が集まって住む地域ではないのか。
自分たちが居住地を奪われた5世紀以後に数多くの独立戦争をし、その度に辛い敗北を喫し、それが悲劇的な詩になって世界の人の胸に響いているのがスコットランドだ。
その様な抑圧と差別の悲しみをかかえているスコットランド人がキ・ソンヨンに人種的ヤジを送ったという!本当に理解できない。李忠成の場合も同じだ。韓国青少年代表チームの招集命令にすばやく駆け付けた、祖国愛が特別だった李忠成に「パンチョッパリ」と同僚らが蔑視した大きな課題も同じ脈絡だ。
(中略)
人種間の葛藤はこのように難しい問題だ。逆に考えれば猿マネしたキ・ソンヨン選手や猿ヤジを送ったスコットランド人を非難するのは難しい。ヤジの深いところには過ぎた日の歴史が教えた厳然とした意識が存在する可能性がある。
かえってこれらを簡単に非難してはならないという気がする。
なぜなら、そのような非難は人種間の葛藤を単純に個人の不義のせいにすることによって、人種葛藤を誘発させる世界の諸問題を忘却させるからだ。
韓国毎日新聞(韓国語) 玉ネギ皮のような人種問題

のっけから的外れな指摘をしているので苦笑しまいますが、小説家オム・チャンソクはスコットランドとアイルランドを勘違いしています
スコットランドは過去にイングランドと戦争をしていますが、アイルランドとはまた別の感情をイングランドに抱いており混同すべきではありません
イギリス国王はスコットランドの王としても推戴されており、スコットランド人が差別と抑圧を抱えているという指摘は誤りです。アイルランドなら理解できますが
そしてキ・ソヨンがスコットランド・リーグの試合で「猿」呼ばわりされていたかのような指摘も誤りでしょう
現地では「犬食い野郎」(ドッグ・イーター)と揶揄されていたのであり、猿ではありません。スコットランドのメディアもキ・ソヨンがやるなら猿の真似ではなく犬の真似をするはずだ、と書いています
ちなにみキ・ソヨンと同じくスコットランドのセルティックスでプレーしていた中村俊輔選手についても、現地のサポーターが「ナカムラが犬を食った」という唄を歌って揶揄する事件がありました

「ナカムラが俺の犬を食った」

日本人は犬を食べたりしないのですが、韓国人と日本人の区別がつかないからこんな唄が作られたのでしょう
さて、話を韓国の新聞の記事に戻します
オム・チャンソクは「逆に考えれば猿マネしたキ・ソンヨン選手や猿ヤジを送ったスコットランド人を非難するのは難しい」と書いているのですが、さっぱり理解できません
キ・ソンヨンもスコットランドのサッカーファンもともに非難されて然るべきだ、と自分は考えます
愚かなパフォーマンスをした韓国人選手を擁護するため、屁理屈を捏ねているだけのコラムです

(関連記事)
韓国サッカー英雄キ・ソンヨン 土地投機疑惑で在宅起訴
https://05448081.at.webry.info/202104/article_39.html
サッカーで韓国惨敗 「横浜惨事」と書く韓国メディア
https://05448081.at.webry.info/202103/article_45.html
サッカー日韓戦10年ぶりも反対意見多数
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
プレミアリーグでの旭日旗応援を敵視する韓国メディア
サッカー日韓戦 大敗に憤る韓国人の声
サッカー日本代表 8月韓国戦の発表に批判の嵐
サッカー・アジア杯 韓国選手猿真似パフォーマンスで処分か?
韓国選手「猿真似」問題2 韓国メディアのおかしな釈明
韓国選手「猿真似」問題3 スコットランドメディア激怒
韓国選手「猿真似」問題4 韓国メディアと日本メディアの違い
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
中国サッカー アジアカップでも惨敗
日本と中国のサッカー 監督の差?
あのトルシエが中国クラブチームの監督に就任
アジア大会サッカー 日本は3-0で中国に快勝
サッカー日本戦の敗北にうろたえる中国
東アジア杯敗北 韓国メディアの言い訳
サッカー「ユーロ20」に招待される日本 嫉妬する韓国
浦和レッズ「差別横断幕」騒動を考える
韓国・鄭夢準がFIFA会長選挙に立候補


図説 スコットランド (ふくろうの本)
河出書房新社
佐藤 猛郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 図説 スコットランド (ふくろうの本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル