北米でエヴァンゲリオン劇場版公開 海外の反応

いつもお世話になっている「とりいそぎ。」さんのブログで、「エヴァンゲリオン劇場版:破」の公開についての海外の反応を紹介しています

海外の反応 - 『エヴァンゲリオン劇場版:破』、北米公開始まる -

昨年11月に「アメリカ、カナダでの上映が決定した」とのニュースはありましたが、どれくらいの規模で劇場公開となるのか、詳細は不明でした
上記の「とりいそぎ。」さんのブログに紹介されているコメントの熱さ(むしろ暑苦しいくらい)には思わずニヤリとしてしまいます

■↑冗談じゃねえ。オレたちカナダ人は、アニメとSFに関しては、本当にいろいろと酷い目に遭ってるんだ。『エヴァ』の映画をなんとか観れることになったってのが、むしろラッキーなぐらいだ。
カリフォルニアのやつら、お前らが住んでるところをちゃんと見ろ。ロスに行けば、アニメも映画館で観れるし、サンディエゴじゃコミック・コンだって開催される。日本のその他のスペシャルな映画だって、日本からダイレクトじゃねえか。
し、か、も!お前らんとこには、オレたちんとこより、日本人がいっぱい住んでるだろ!
■アニメってアメリカじゃ、そんなにビッグなもんじゃないだろ。それでも、こんな短期間の上映だからって、前もってチケット買うのって大事?
■↑お前の街の映画館の上映日数が2、3日っていうなら、前もって買え。一週間なら初日に行く必要はないが、最終日まで待つのはやめろ。その日まではチケットはない。
■↑前もって買うわ。ありがと。
■サンディエゴ、どうなってるの?公開日未定になってる。大きいスクリーンで『エヴァ』を観るチャンスを絶対に逃したくないんだ…。
■最悪のガッカリ具合。マジで。大学のあるシカゴで見ようと思って、ダラスはパスしたんだ。なのに、な、ん、で、シカゴで公開がないわけ?こんなデカい街なのに!アメリカで最もデカい街の1つだぞ!
■サクラメントに住んでる。サンフランシスコまで行くつもり、絶対。
■Funimationのバカ。ウィスコンシンが、ない。この州には、デブとアルコール依存症しかいないと思ってんだろ?ウィスコンシンには、アニメのコンベンションが2つもあるの知らないの?それだけで十分な州じゃないかよ…。

地元で上映される機会のないファンの悲鳴がある一方で、日本語のセリフで英語字幕という上映スタイルを歓迎する声が目を惹きます
「やはりエヴァは日本の声優でないとだめだ」と思っているファンが相当する存在するため、配給側も考慮したのでしょうか。それとも吹替版を作る手間省いて、ブルーレイディスクの英義字幕版を上映したほうが安上がりだったからなのでしょうか?
コメントからは映画館のスクリーンでエヴァを見て、その感動を観客と分かち合いたいとの熱気が伝わってきます。日本にいるとそんなことは考えもしないのですが、上映される機会が少ないがゆえに北米ファンはこれほどまで渇望しているのだな、と感じます
しかし、両親と一緒に観に行くとコメントしている人もいて、両親の反応が心配になります。自分の息子がこんなイカれた日本のアニメーションにはまっていると知ったら、家庭問題になるのではないかと危惧されます
さて先日は、日刊サイゾーの記事「オタク文化が世界でウケているというのは幻想にすぎない」に当ブログで反論を書いたのですが、多くのアクセスをいただきました

「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー

拙い記事を引用、紹介してくださった各ブログ、個人サイトのみなさんにこの場を借りて、御礼申し上げます
当ブログはコメント欄は設けておらず、時間に余裕がないのでメール等には対応できませんが、互いのブログ、個人サイトで今後とも暑苦しく意見を主張しあいたいと思っております
今回の北米における「エヴァンゲリオン劇場版公開」に関する現地のファンの声に耳を傾ければ、「日本のオタク文化は危機的状況にある」などという指摘はどうかな、と書きたくなります(別に楽観視するつもりはありませんし、日本の文化は世界を制覇していると主張するつもりもありませんが…)
海外のマンガファン、アニメーションファンの渇望に目を向ければ、あのおバカな記事を書いたライター氏も、もう少しまともな見識を持てるのではないか、という気がします

(関連記事)
押井守監督の「エヴァンゲリオン」批判を考える
「エヴァンゲリオン」庵野監督を語る週刊プレイボーイのスカスカ記事
日本を訪れるべき「オタク」的理由10選
なぜガンダムは海外で人気がないのか
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
劣化版「けいおん」 韓国のパクリアニメ「Super Hams Band」
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
エヴァを見るため氷点下でも並ぶロシア人
「ドラゴンボール」日本人コンビで実写化の噂
アメリカ・テレビ業界が日本アニメにあれこれ注文をつける
映画「火垂るの墓」 海外での反応
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
韓国の渾身作CGアニメーション「アイアンキッド」
アニメーション「君に届け」を見た海外の反応
「めぞん一刻」を見る海外の反応
「ドラゴンボール」みたいな中国のオリジナルアニメ「魁拔」
クールジャパンの強敵出現?
中国アニメ 今度は「ONE PIECE 」のパクリ
日本のアニメと中国のアニメの差はどこにある?
日本アニメに「だまされた」 中国のアニメーターは就職難
宮崎アニメを超えた! 中国アニメ「馬蘭花」
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
パリ ジャパンエキスポの紹介