小沢派議員が離脱宣言 民主党分裂へ

小沢一郎に近い民主党議員が会派からの離脱宣言を発表し、民主党所属の国会議員という身分のまま、別の会派を結成すると報道されています
民主党から離党はしないが、別の会派として行動(民主党提出の予算案や法案に反対もあり得る)すると述べています
あまりに身勝手な行動で、国民の支持は得られるとは到底思えませんが…
長い記事ですが、要するに菅直人政権が民主党の掲げたマニュフェストを白紙化するような政策に走っているのはけしからんので、「別会派として行動させてもらう」との言い分です
もちろん、根底にあるのは菅直人首相による小沢切りへの反発でしょう
小沢一郎をこれ以上追い込むようなら民主党を分裂させるぞ、と脅しているわけです
記事の中で、「(党執行部が)小沢一郎を処分しようとする動きとは無関係」だとしきりに強調しているわけですが、彼らの狙いは明らかです
この小沢一郎の飼い犬である16人の愚か者は、渡辺浩一郎(比例東京)、大山昌宏(比例東海)、小林正枝(比例東海)、菊池長右ェ門(比例東北)、三輪信昭(比例東海)、石井章(比例北関東)、豊田潤多郎(比例近畿)、石田三示(比例南関東)、水野智彦(比例南関東)、相原史乃(比例南関東)、渡辺義彦(比例近畿)、高松和夫(比例東北)熊谷貞俊(比例近畿)、川島智太郎(比例東京)、笠原多見子(比例東海)、川口浩(比例北関東)です
今後も小沢グループの議員が加わり、人数が膨らむのでしょう
そもそも国民の9割が小沢一郎は民主党を離党すべきだと考えており、さらにそのうち8割は小沢一郎の国会議員辞職を求めています
そうした国民の声を無視し、小沢一郎擁護のために民主党を分裂させるぞと恫喝している16人の行動は理解できませんし、支持もされないでしょう
それでも小沢一郎に心酔する小沢グループは暴走し、国民の声を無視して小沢一郎を守る決意のようです
政治家が守るべきは国民の生活であって小沢一郎ではないはずです
しかし、彼らは国民の暮らしを犠牲にし踏みにじってでも、小沢一郎だけを守ろうという姿勢を明らかにしているわけで、マニュフェスト云々は口実にすぎません
小沢一郎を一刻も早く政界から駆逐するべきでしょう
そうしなければ、小沢一郎を守るためなら手段を選ばず何でもやるという愚か者たちが暴れまくり、日本の政治をボロボロにしてしまう危険があります

(関連記事)
民主党外務政務官 海外出張でエステに買い物三昧
テレビで顔馴染みの原口一博議員が「日本維新連合」を結成
民主党分裂 造反16人衆のあきれた素性
小沢一郎待望論にしがみつく人たち
小沢一郎「キリスト教は排他的で独善的」発言
小沢一郎のキリスト教批判 2
小沢一郎のキリスト教批判 3
小沢一郎の放言 アメリカメディアが報じる
小沢一郎の地元ダムだけ建設決定 ほかは中止
小沢一郎は辞任を 新聞各紙の社説
世論調査「小沢辞任すべき」 7割
小沢一郎こそ正義 日刊ゲンダイの暴言
小沢一郎を擁護する鳥越俊太郎の異様さ
小沢問題 15億円もの金が使途不明
イチローと小沢一郎の違い


民主党解剖 (産經新聞社の本)
産経新聞出版
産経新聞政治部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 民主党解剖 (産經新聞社の本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル