携帯電話利用のカンニング 逮捕は行き過ぎの声

入試問題を試験会場から携帯電話を使ってインターネットのサイトに投稿し、回答を得るというカンニング事件で、仙台市内に住む河合塾の生徒が逮捕されました
その手口にも驚かされましたが、「カンニングしたくらいで逮捕するのは行き過ぎだ」と警察批判を展開する人も少なからず存在するので、さらに驚かされます

今回のカンニングの舞台となったYahooの知恵袋でも、そうした投稿が見られます

カンニングという不正行為を問題視するのではなく、責任の所在を大学側の監督体制の不備にすりかえようとしており、非常に気持ちの悪い主張です
世間一般の考えとしては、新聞の社説がその代表でしょう
大手新聞各社が社説として取り上げましたが、当たり前のことを書いているのであり、受験生自身の自覚と矜持を説き、さらに大学側が不正を許さないという毅然とした態度とスキを見せない体制が重要だ云々との指摘です
もっとも、「カンニングを許さない監督体制」というのは言うほど簡単なものではありません。監督者がカンニング行為を現認したとしても、受験生がそれを否定してしまえば水掛け論になってしまいます
今回のように携帯電話の履歴が証拠として残っていればともかく、隣の席の受験者の答案を覗いた、覗かないという単純な事例では証拠も何もなく、監督者がカンニング行為を現認したという主張だけで受験者を不合格にできるのか、疑問が残ります
裁判で争った事例があるのかは調べていないので分かりませんが、大学の試験監督者がカンニングを現認したとして、その場で受験者に不正行為を咎め、退席を命じるられるのでしょうか?
おそらく事務当局に報告し、その判断を待って対処すると思われますが、大勢の受験者がいる中で「カンニングをしたな。不正だ。退席を命じる」と、毅然とした対応ができるのだろうか、気になります
結局、受験生の受験番号をマークしておき、採点段階で合格基準に達していても、「不正行為をしていたらしいから不合格にしておこう」と判断するのでしょう
受験生から抗議があったとしても、「試験、内申書を含め、大学側の総合的な判断で不合格にした」と説明するだけで
以上は自分の勝手な憶測であり、大学関係者がどう判断しているのか、訊いてみたいところです
さて、Yahooの知恵袋にある「逮捕は行き過ぎ」の主張に話を戻します
逮捕を批判する人の主張は以下のようになっています

【疑問点】
・カンニングを見逃した監視員はおとがめ無し
・サイト側を責めるという無知蒙昧さ
・カンニング者は精神を病んでいた事実の隠蔽(当人の質問履歴参照)
・受験戦争過熱とカンニングも高度化の相関を述べない点
・両親による子どもへの早期教育、子どもの未来の押しつけ、それを礼賛してきたメディアなど、まず自分の側に思い当たる点はなかったか考えようとしない点
・何かが起こるときには、その背景に要因となるものが存在するが、その点について報道を自己規制している点

いちいち反論するのもどうかと思いますが、無視はできませんので自分の思うところを書きます
メディアの扱い方を批判しているようですが、それが逮捕と結びつくものではありません(メディアが煽ったからこそ、警察が逮捕に踏み切らざる得なかった、と主張したいのでしょうか?)
受験競争を加熱させた社会に問題があるとか、こどもにプレッシャーを与えた教育行政の欠陥だと言いたいのかもしれませんが、それも問題のすり替えでしょう
犯罪が起こるたび、個人の責任ではなく社会の責任であるかのような主張をする人が登場します。秋葉原の17人殺傷事件のときもそうでした。「このような犯罪を生み出した社会の方に責任がある」と主張し、「派遣切りに遭った若者の悲劇」であるかのように事実を歪めて体制批判を繰り広げるジャーナリスト、有識者がいましたですが、メディアの報道の仕方と、今回のカンニング事件は別の次元の問題であり、混同すべきではありません
逮捕された受験生は、社会の不正や矛盾を告発するためにカンニングをしたのではなく、「自分さえ合格できればよい」との利己的な目的のためにやっているのです
責められるべきは不正を行った受験生自身であり、彼の逮捕は当然です
加熱する受験競争が社会に歪をもたらし、受験に取り組む児童や生徒、家族にも好ましくないダメージを与えている事実は否定しませんが、だからといってカンニングが正当化されたりはしません

(関連記事)
京大カンニング犯を英雄視する上杉隆、茂木健一郎
京都大学カンニング事件 脳科学者茂木健一郎大暴れ
カンニングを擁護するワイドショーのコメンテーターたち
大阪大入試ミス 追加合格で補償も
お受験失敗の後遺症
広末涼子 お受験戦争で慶應幼稚舎に挑む
一身独立して一国独立す 「お受験騒動」
芸能界 お受験戦争
アパートに放火 15歳少年逮捕
アパートに放火した15歳少年 続報
アパートに放火した15歳少年 発達障害


キミの悩みに乾杯!―教師の描いた素顔の高校生
毎日新聞社
東京都高等学校公民科「倫理」「現代社会」研究会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キミの悩みに乾杯!―教師の描いた素顔の高校生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル