男子小中学生にわいせつ行為 大学生逮捕

大学生が路上で男児小学生や男子中学生へのわいせつ行為を繰り返した容疑で逮捕されました


路上で男子中学生を襲い下半身を触ったとして、警視庁さくらポリス(生活安全総務課子ども・女性安全対策室)と杉並署は、都迷惑防止条例違反の疑いで、私立大3年、中沢一徳容疑者(20)=東京都中野区中央=を逮捕した。
同課によると、「女性に関心はあったが、物心ついたころから男の子が好き。今は童顔の子に興味があった」と容疑を認めている。
逮捕容疑は今年1月18日午後3時ごろ、杉並区和田の路上で、男子生徒(13)の背後から太ももをつかんだとしている。
昨年11月以降、現場周辺で9~13歳の男児が下半身を触られたり、ズボンの中をまさぐられたりする事件が続発。
中沢容疑者は「性癖を押さえられず、昨年秋に触ることに成功してやめられなくなった。10回以上触ったことがある」とも供述、同課で関連を調べる。
スポーツタイプの自転車に乗った不審者が目撃されており、防犯カメラの画像を分析するなどした結果、中沢容疑者が浮上した。


記事の中で逮捕された中沢一徳容疑者は、「女性に関心はあったが、物心ついたころから男の子が好き。今は童顔の子に興味があった」と供述していると書かれています
わざわざ「女性に関心はあったが」との文言を前置きしているのは本人の弁解なのか、警察がそのような質問をしたのか、分かりません
ホモセクシュアルの嗜好があったのは間違いないのでしょうが、昨年の秋にこどもを襲って強制わいせつに成功したため、犯行を繰り返すようになったとも述べており、最初の成功体験が仇となって歯止めを失ってしまったようです
初回の犯行で失敗し、抵抗されて追い掛け回されるような目に遭っていれば、懲りていたのかもしれません
さて、警察は当然、中沢容疑者の自宅を捜索し、犯行に関係のあるもの(犯行時に着用していた衣服、本人が乗っていた自転車など)を押収するのでしょう
本人が所持していたホモセクシュアル系のマンガやゲームも押収するのかもしれません。頭の悪い警察官なら、「ホモ系マンガやゲームに影響され、ゲーム感覚で少年たちを襲った」と調書を作成しそうです
前にも述べましたが、少年犯罪でその動機があいまいなケースでは、「ゲーム感覚でやった」とする供述調書が作られたことがあり、ジャーナリストや専門家が「いまどきのこどもたちはゲーム感覚で犯罪に走る」と騒いだ時期がありました
事件の意味も原因も考えようとはせず、すべてを「マンガやゲームの影響」だと決めつける極めて悪質なやり方です
未成熟な少年たちが、それぞれの事件に至った動機や原因、背景、または事件の意味を理路整然と警察官に語って聞かせるなどという可能性は皆無に近く、「なぜこんな事件を起こしたのか?」と詰問されて言葉につまるのが当たり前です
警察官の「なぜ?」とか「どうして?」という尋問から逃れるため、「ゲーム感覚でやった」と嘘をつくわけです
あるいは警察官がそのような結論へと誘導するのでしょう
そんな経緯を考えようともせず、一部のジャーナリストや専門家は「ゲーム感覚」なる文言を真に受けて、青少年に与えるゲームの影響を論じ、ゲームの規制を主張していました
話を事件に戻します
中沢容疑者がホモ系マンガやゲームを所持していたとして、それは性欲のはけ口であり、直ちに「ゲームやマンガに夢中になっているうちに現実とバーチャル(ゲームの世界)の境界があいまいになり、犯罪へと踏み出してしまった」と決めつけるのは誤りです
本当に現実と仮想現実との境界を見失っていたのなら、現実見当能力も失われていなければなりません
しかし、中沢容疑者は仮想現実に酔っていたのではなく、しっかりと自分好みの少年を物色し、狙いをつけておそっているわけです。そして犯行後は素早く現場から逃げるため自転車を利用しています。周到な計算に基づいて犯行を繰り返してたのですから、きちんと現実を見据えていたのは明らかでしょう
ただ、「自分が強制わいせつ容疑で逮捕されるかもしれない」との予見だけは頭の片隅に追いやり、極力考えないようにしていたと思われます
倫理よりも快楽を優先し、多くの痴漢が「本当は女も体を触られて喜んでいるはずだ」と勝手な理屈を押し立てて自分の罪を矮小化するように、中沢容疑者も「体を触られて男の子も喜んでいるはず」と決めつけていたのかもしれません
自分の嗜好、行為を正当化するための勝手な願望です
相手もホモセクシャル行為を望み、期待しているに違いないと決めつけるところが、もはや快楽探求に突っ走っている証でしょう
人はさまざまな性的嗜好を持ち、性にまつわる幻想を心の内で膨らませていたりするのですが、しかし現実生活を破綻させることのないよう自らの行動を統制し、自重しようと心がけます
中沢容疑者の場合、学生という身分もあって現実生活が破綻するという危機感が薄かったのかもしれません。社会人であれば、自らの職、社会的な立場、人間関係など失われるものの大きさを考えます

(関連記事)
男児ポルノ作成で元教諭橋本顕に懲役3年判決
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
旅行かばんに女子児童を監禁した大学生逮捕
女装して女湯に入り逮捕される事件を考える
NHKディレクターが男子高校生を盗撮 逮捕
女子トイレ侵入容疑で早大生逮捕
民間人校長候補に盗撮歴発覚
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
自衛隊員 女装でトラブル・逮捕相次ぐ
田代まさし 覗き行為と薬物使用の果て
「同性愛の男がCM出演」と批判する石原都知事
石原都知事「同性愛は遺伝のせい」発言
市議会議員を女子児童強姦容疑で逮捕
民進党小川参院幹事長の息子 強制わいせつで逮捕
女児へのわいせつで逮捕 小川参議院議員の息子のその後


共感する女脳、システム化する男脳
NHK出版
サイモン・バロン=コーエン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 共感する女脳、システム化する男脳 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル