原発批判は芸能界のタブーなのか? 原発に関わったタレント

日刊ゲンダイが「原発にかかわったタレント、著名人の発言が注目されている」という記事を掲載しています
前段では原子力発電所批判は芸能界でタブーであり、原発批判発言をすれば干されるとの暗黙のルールについて書いています

原発にかかわったタレント、著名人の発言が注目されている

山本太郎のツイッターでの発言が唯一の根拠、というのは拍子抜けですが、電力会社がテレビ番組の有力なスポンサーであるのは事実ですから、スポンサー批判が芸能界でタブー視されるのはそのとおりなのでしょう
記事の後段では原子力発電推進のCMに出演していたタレントの名前を列挙しています
しかし、CM出演のオファーがあればそれが怪しい企業、いかがわしい団体でない限り受諾するタレントがほとんどでしょうから、出演した薬丸裕英や岡江久美子を責めるのはどうかと思います
「はなまるマーケット」で原子力問題について踏み込んだ議論をすれば日刊ゲンダイは満足するのかもしれませんが、主婦層向けの番組ですからテーマとしてはそぐわないのでしょう。原子力問題を語り、報じる番組は他にいくらでもあるわけですから
単にCMに出演したという関わりだけで、批判の対象にするのはリンチも同然だと感じます
漫画家弘兼憲史は東京電力のウェッブサイトに「東田研に聞け」というマンガを載せており、東京電力による原子力発電の宣伝に加担してきたと批判されています

「東田研に聞け」

中身を見れば日本のエネルギー事情を考えるのがテーマであり、その中で原子力発電への依存が高まっている事情を説明しているマンガです。マンガの趣旨・主張が東京電力の宣伝に加担するものであるのは明らかですが、だからといって弘兼憲史を批判してどうなるのか、と思ってしまいます
個人的な感想を言うなら、「島耕作」シリーズの方が自分は嫌いで、あれをサラリーマンバイブルだと賞賛している人たちの気がしれません
広兼憲史は漫画家の責任として今回の福島原発問題をテーマにした作品を描き、世の中に提示するべきでしょう。ツイッターで謝罪するのが漫画家としての責任のとり方ではないと自分は考えます
「島耕作」ならこの問題にどう対処するのでしょうか?
作曲家神津善行とタレント中村メイコの娘である神津カンナはエッセイストとして、原子力関連財団、電力会社などの主催の講演会で頻繁に講演し、電力新聞にエッセイを掲載していました
政府の総合資源エネルギー調査会原子力部会の委員でもあり、「日本は島国で、かつ資源がありません。石炭や石油は輸入していますし、ガスも運ばなくちゃいけません。原子力の活用を含め、日本独自のやり方を考えないと」と主張してきました
だからといって神津カンナを槍玉に挙げ、リンチにかけるべきだとは思いません
エッセイストとしての立場から、今回の福島原発や東北地震の問題について発言してもらいたいところです。これまでの自分の考え、発言を振り返って何を思うのでしょうか?
神津カンナの講演料は1回につき50万円から80万円だそうです

(関連記事)
原発芸者 神津カンナの現在
エコでピースな「緑の党」 衆院選立候補断念
「週刊金曜日」 原発稼働阻止のハンガーストライキを呼びかけ
東京電力 国に国に1兆円支援申請へ
香山リカ「反原発は引きこもりやニート」発言で謝罪
東電 給料1割カットに「ふざけるな」の批判爆発
地震対応に19もの対策本部乱立 政府の無能ぶり
放射能が怖い 中国韓国で塩の買い占め騒動
被災したこどもたちを集め寄宿舎で生活させる愚策に反対
東電社長記者会見 切れたら負け
反原発活動家「東電社員のこどもを差別しろ」と暴言
神田うの 被災した死亡者の数を賭けていた問題続報
神田うの 被災者が何人死ぬか賭けをしていたと告白
放射能汚染を煽るメディア、反核団体
「放射能怖い」 韓国で学校休校
ツイッターで暴言の東電社員 住所・氏名を特定される
原発メルトダウン予告の東電社員坂井クンはどうなったのか?
年収700万円超でも困窮と言う九州電力社員
東京電力管理職は福島行きという罰ゲーム
JR放火男逮捕 42歳の売れないミュージシャン


メイコとカンナのことばの取説
亜紀書房
中村 メイコ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メイコとカンナのことばの取説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル