ウィリアム王子の結婚相手は「理想のプリンセス」 

社交辞令なのでしょうが、AFP通信はイギリスのウィリアム王子の結婚相手であるキャサリン・ミドルトン(報道ではケイト・ミドルトンになっていますがケイトは愛称であって、本名はキャサリンです)を「理想のプリンセス」と持ち上げる記事を配信しています
一時期、ウィリアム王子との出会いは偶然ではなく、ミドルトン親子の計画によるものだとの記事が流れましたが、大して反響がなかったのか、立ち消えてしまいました。ウィリアム王子の進学する大学を狙ってそこへ娘を送り込み、プリンセスの座を手に入れたという陰謀論めいた話です
有名人のスキャンダルを報じることにかけては目のないイギリスのメディアも、今のところこれといったネタを報じていません
Youtubeにはメディアだけでなく、一般人までが彼女に関する動画をアップしています。その1つを紹介します


いかに彼女が多くのカメラマンにつきまとわれ、写真を撮られているのかが分かります。これでは食事をするときも、カメラを気にせずのはいられないでしょう
車から降りるところを狙って、彼女のパンツを撮影しようと躍起になっているカメラマンも大勢いるようです
こうした取材攻勢にさらされ、平然としていられるのは大したものだと感心します
結婚式は地味婚だと言われていますが、ロンドンは地下鉄爆破テロ以来警備が強化されており、今回の結婚式にかこつけてテロを計画する人間が皆無とは言えませんから警察や軍隊を動員し、24時間の厳重な警備体制を敷いているはずです。当然彼らに超過勤務手当を支払うのですから、それだけでも出費はかさみます
結婚式当日はその様子が世界中に配信されるはずです
興味深いのは中国メディアがこの英国の王子の結婚を詳細に取り上げていることです。「王政を否定し、社会主義こそ正義だと主張しているあんたたちには関係ないだろう」と突っ込みたくなりますが
今年1月には中国の企業が、「ウィリアム王子の結婚式の引出物となる陶磁器の注文を受けた」と発表し、中国メディアは鬼の首を獲ったかのように得意満面で報道しました
しかし、後日、イギリスのBBCが「結婚式の引出物はすべてイギリス国内で生産される」と報道し、中国企業が注文を受けた品は観光客相手に販売される土産物であるとの事実を公表しました
中国は恥をかかされた形(もともと中国企業の勘違いが原因なのですが)となり、イギリスのメディアが中国を中傷していると激怒する騒ぎになりました

英報道「英王室の記念品のパクリを製造」…中国人「中傷だ」

(関連記事)
英王室新王女誕生に沸く 名前は「アリス」?
ダイアナ妃の事故死に再び陰謀説
ウィリアム王子の挙式に招待されなかった元王族の憤慨
ウィリアム王子結婚式 「恥らいのない花嫁」とこき下ろすメディア
ウィリアム王子の「世紀の結婚式」続報
ウィリアム王子挙式 伝統と格式
英国 ウィリアム王子結婚へ
故ダイアナ妃の指輪でプロポーズ 英ウィリアム王子
英国 王子の婚姻祝福も費用は王室負担で
ウィリアム王子 結婚後はアメリカ移住?
英チャールズ皇太子夫妻 学生デモ隊に襲撃される
ダイアナ元妃を下着の広告に使う中国企業
英国セーラ元妃を隠し撮りするメディア
英国セーラ元妃の転落 その2
金銭スキャンダル 英セーラ元妃は酒のせいだと釈明
アカデミー賞候補作「英国王のスピーチ」
「キャサリン妃偽電話問題で看護師自殺」を考える
英ヘンリー王子結婚間近報道
ヘンリー王子夫妻、英王室と決別宣言で大騒動