香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺

香川県で2人のこどもを持つ28歳の人妻が23歳の年下専門学校生と不倫に陥った挙句、邪魔になった夫を自殺に見せかけて殺害する事件が今年2月にありました
殺人の容疑で妻も専門学校生も逮捕され、拘置所に収監されていました

不倫殺人 人妻と年下の専門学校生の暴走

しかし、新聞の報道によれば城可奈子被告(28)が拘置所内の単独室で、首をつって自殺したそうです


高松刑務所で被告自殺 香川の不倫殺人で起訴の妻か


思いつめた末に、「死んでお詫びをする」と決意したのでしょうか?
城加奈子被告には2人のこどもがいたそうです
不倫に走って夫を殺害した上に、今度は2人のこどもを残して自殺をしてしまうのですから、その行動はあまりに身勝手です
殺人事件で死刑を求刑された被告の多くは、「生きて罪を償いたい」と主張します
しかし、そのほとんどは罪を償おうとして主張しているのではなく、死刑になるのが嫌だから「生きて罪を償いたい」と口走っているだけでしょう
しかし、城加奈子被告の場合は2人のこどもがいたわけですから、こどもたちのためにも生きて罪を償う道を選んで欲しかったと思います
現実問題として、2人のこどもにとって母親が殺人犯であるという事実はあまりに重く、生きて行く上でさまざまな支障を招くの可能性があります。ただその状況は城加奈子被告が自殺したところで変わりません
自殺をしたから罪を償ったとは言えません。むしろ、こどもたちに対する親の責任を放棄し、逃げた形です
裁判は6月から始まる予定でした。裁判結果を云々するのは早計ですが、おそらく懲役15年くらいの判決だったでしょう。刑務所に入り、順当ならば12年くらい服役して仮釈放になったかもしれません
そのとき、2人のこどもはまだ未成年のはずです
母親としてなすべき役割がまだたくさんあったに違いありません
不倫の代償、つけをこどもたちに押し付け、自分はさっさと逃げ出してしまった格好です。拘置所で1人になり、罪の重さに悄然としたのか、不倫の代償の大きさに思い悩んだのかは分かりませんが…
夫殺害に至った経緯は、加奈子被告が不倫相手に送信した携帯電話のメールに夫が気づき、不倫を責められたのが原因だとされています
加奈子被告は夫に離婚を申し出ましたが拒絶され、不倫を責められ殴られることもあったようです。駆け落ちを考えたものの踏み切れず、夫を殺すしかないと思いつめた末に犯行に踏み切ったと伝えられています
殺害された夫は39歳で、加奈子被告は28歳、不倫相手の専門学校生が23歳です
夫にすれば16歳も下の若造に妻を寝取られたのですから、すんなり離婚に応じる気にはなれなかったのも分かります。不倫をネタにネチネチといたぶるような態度に出たのかもしれません。加奈子被告にすれば、そんな日々から抜け出すのは夫を殺すしかないと考えたのでしょうが、それは最悪の選択でした

(関連記事)
人妻に横恋慕した不倫殺人 懲役20年の判決
49歳女性の不倫殺人 12歳下の男性を刺す
小学生男児を誘惑したシングルマザー 懲役3年執行猶予5年の判決
日南市長不倫 女秘書宛て「会いたかった」露見
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
三角関係でストーカーと化した女教師
今治親子殺傷事件を考える 容疑者は逮捕前に自殺
出会い系サイトに出会いを求める女性 高額利用料請求も
タレント上原美優の自殺を考える 2
貧乏アイドルの上原美優さん自殺
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
麻木久仁子 不倫の果て
麻木久仁子の元夫山路氏 W不倫を語る
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
加護亜依 不倫で慰謝料支払い命じられる
年下男性に貢いだ挙句殺害された女性教師
不倫は女の純文学?
賞味期限切れドラマ 「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」
自分の時間を生きる
節目、その先へ


八日目の蝉 (中公文庫)
中央公論新社
2011-01-22
角田 光代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八日目の蝉 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル