フランスのアニメ「アルセーヌ・ルパン」は不人気

ブラウザーがフリーズしてしまい、書きかけの記事が消えてしまったため、同じネタを

2回書くことになりました。インターネットエクスプローラーには困ったものです

さて、「ルパン三世」と言えば人気シリーズですが、その新作が秋に公開されるとマ

ンタンウェッブが報じています

ルパン三世 : 1年半ぶりの新作が今秋放送へ
http://mantan-web.jp/2011/04/29/20110429dog00m200028000c.html

以上が前フリです。本題はフランスで1996年に製作されたテレビ向けアニメーション

「アルセーヌ・ルパン」の紹介です

前に「トリビアの泉」だったと思いますが、「アルセーヌ・ルパン」の原作者であるモーリ

ス・ルブランの遺族の意向で、「ルパン三世」の名称がフランスでは使えないと紹介さ

れていました

日本で勝手に「ルパン三世」の名が使われ、漫画やアニメーションになっているのを不

快に感じているのかもしれません

それくらいアルセーヌ・ルパンに対して特別な思い入れがあると言えるのでしょう

そこで本場であるフランスがどのようなルパンを描いているのかと興味が湧き、調べて

みました

このアニメーションはフランス・カナダ合作で、カナダの英語圏では「Night Hood」のタイ

トルで、フランスでは「Les exploits d'Arsène Lupin」のタイトルで公開されています

直訳すれば、「アルセーヌ・ルパンの功績(手柄)」という意味になります


のっけからアルセーヌ・ルパン対シャーロック・ホームズの対決です

最初にこの2人の対決を描き、視聴者の関心を煽る狙いがあったのでしょう

しかし、アメリカのカートゥーン風の作画は正直、自分の好みではありません

こうした作画に見慣れた欧米の視聴者には違和感がないのかもしれませんが、日本

のアニメーションに馴染んでしまうと物足りなく感じてしまいます

Youtubeにはそれぞれの動画の人気を世界地図で表示する機能があります。それを

見ると、「Night Hood」がカナダで高い人気を得ているのが分かります。次いでアメリカ

での人気が高いようです。しかし、フランスなどヨーロッパ圏では人気がありません

動画が英語版であるため、とも考えられますが

前に紹介したフランスのアニメーション「コルト・マルテーズ」はかなり濃い目の味付け

で、キャラが立って見えました。それに比べるとこの「アルセーヌ・ルパン」はキャラが

立っておらず、主役のルパンもその他大勢の中の1人にしか見えません

有名な原作、有名なヒーローでも、アニメーションで描いて成功させるのは簡単では

ないという例の1つでしょう

「コルト・マルテーズ」のような作画でルパンの暗黒面を強調した作風にすれば、独

特の世界を演出でき、ウケたのかもしれません

アメリカのカートゥーン風のアニメーションは確かに世界中で放送されており、スーパ

ーマンやバットマンは世界中に知られています。それと同じようにアルセーヌ・ルパン

を描けば、世界中で放送され、大ヒットすると考えたのでしょうか?

経済評論家や経済ジャーナリストがアニメーションを語るとき、そんな市場原理が説

明されるのですが、必ずしも成功が約束されるわけではありません

カートゥーン風のペラペラしゃべる「美少女戦士セーラームーン」や「犬夜叉」など見た

いとは思えないわけで

Youtubeで動画をチェックしていたら、海外で吹き替え放送された「ルパン三世」が見

つかりました

次元大介や峰不二子の吹き替えが何とも言えず雰囲気をぶち壊していますが、こう

したカートゥーン風の味付けが不可欠だ、と外国の放送関係者は思い込んでいるの

かもしれません。オープニングタイトルやエンドタイトルの楽曲も、それぞれの国の放

送局が独自に選んだりしています

しかし最近では、コアなアニメーションファンたちがこうした味付けを嫌い、日本で放

送されたオリジナル版を好み、中には「日本の声優の声を聞きつつ、英語の字幕で

鑑賞するのが王道だ」と主張する人たちもいます

(関連記事)
フランス人の好きな日本アニメ1位「聖闘士星矢」
http://05448081.at.webry.info/201801/article_4.html
フランスの漫画バンドデシネが日本でブーム?
http://05448081.at.webry.info/201304/article_3.html
「怪盗ルパン」未発表作品がフランスで出版される
http://05448081.at.webry.info/201205/article_37.html
スコットランド製アニメ「22世紀のシャーロック・ホームズ」
http://05448081.at.webry.info/201202/article_16.html
海外で作られた「シャーロック・ホームズ」アニメ
http://05448081.at.webry.info/201202/article_14.html
日仏合作の珍アニメ「ルパン8世」
http://05448081.at.webry.info/201106/article_7.html
製作費40億円でコケたフランスのCGアニメ「ケイナ」
http://05448081.at.webry.info/201105/article_68.html
「ジャパンはクールじゃない…海外の本音」の本音
http://05448081.at.webry.info/201105/article_10.html
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
http://05448081.at.webry.info/201104/article_69.html
主役キャラがイケてる? フランスのアニメ「コルト・マルテーズ」
http://05448081.at.webry.info/201104/article_64.html
「ヒカルの碁」 海外の反応など
http://05448081.at.webry.info/201104/article_40.html
オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
http://05448081.at.webry.info/201102/article_30.html
記事「日本のマンガ、実は世界でウケてない」への反論
http://05448081.at.webry.info/200908/article_2.html
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
http://05448081.at.webry.info/200909/article_3.html
日本のアニメと中国のアニメの差はどこにある?
http://05448081.at.webry.info/201102/article_32.html
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
http://05448081.at.webry.info/201007/article_11.html
日本アニメの底力 カロリーメイトCM
http://05448081.at.webry.info/201510/article_35.html

アルセーヌ・ルパン 怪盗紳士 (コミック版ルパン&ホームズ)
ポプラ社
モーリス ル・ブラン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルセーヌ・ルパン 怪盗紳士 (コミック版ルパン&ホームズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル