AKBのCDを1人で5500枚買うファン

AKB48は自分の興味の対象外なので、「AKB総選挙」というニュースが山ほど流れていてもブログで取り上げる気にはまったくなれませんでした
しかし、そのシングルCD『Everyday カチューシャ』を1人で2200枚とか5500枚購入したとの報道があり、驚かされので取り上げることにします

AKB48のニューシングルがミリオン達成間近  1人で5500枚、2200枚購入した人も

1枚1600円のCDを5500枚購入すると、880万円になります。他人の懐具合を詮索しても無駄なので、購入者がどのような人物か言及するつもりはありませんが、そこまで夢中になれるものかと驚き、呆れます
CDが売れない時代で、AKBがさまざまな商法を駆使しながら売りまくっているのは賞賛される事柄なのでしょうか?
1握りのオタに同じCDを5枚も5枚も買わせるような商法が、この先も長続きするとは思えないのですが
車を購入し、毎月4万円のローンを支払うことを考えれば、毎月AKBのCDを5枚や6枚買うのは安上がりな趣味なのかもしれません
話はかわって、別の報道によれば名前も聞いたことのない韓国のロックグループがアルバムを2万6千枚売り、オリコン・アルバムチャートで1位になったそうです
しかし、本当にファンが2万6千枚ものアルバムを購入したのでしょうか?
オリコンのアルバムチャートで1位になれば、そのニュースをさまざまなメデイアが取り上げグループの名前が多くの人たちの目に触れます。実に効果的な宣伝手法だと言えます
アルバムチャート1位にでもならなければ、無名の韓国のロックバンドを紹介する記事を雑誌やインターネットメディアが善意で掲載してくれるはずもなりません
ファンが1万枚くらい購入し、ロックグループの所属する事務所などが1万6千枚くらい購入し、「オリコンのアルバムチャート1位」の座を買い取ったように思えてしまいます
先行投資、宣伝費用として考えれば安いものです
以前にもエイベックスがゴリ押しする女性シンガーICONIQの曲を、携帯電話サイトで105円払ってダウンロードすると150円分のポイントが還元されるというキャンペーンがありました。エイベックスと1部のメディアは、ICONIQの新曲がダウンロード件数で1位になったと宣伝していました
いろいろな商法を考えるものだと呆れました
ICONIQがその後、大活躍しているようには見えません
かつて自分が若い頃は小遣いやアルバイトで得たお金でLPレコードを買っていたのですが、それがあっという間にCDに取って代わられるのを体験しました
さらにCDが売れなくなってダウンロード配信の時代になり、いまではそんなビジネスモデルも崩壊し、Youtubeなどでタダ見するのが当たり前という時代になっています
移り変わりの激しさを改めて感じる次第です

(関連記事)
偽歌姫ICONIQ 売るためなら手段を選ばず
好きなアーティストランキング発表
「好きな男・嫌いな男」芸能人ランキング
「女が嫌いな女 2010」発表 週刊文春
男が選ぶ「嫌いな男 好きな男」ランキング 週刊SPA!


AKB48総選挙公式ガイドブック2011 (講談社MOOK)
講談社
2011-05-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AKB48総選挙公式ガイドブック2011 (講談社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル