ハリー・ポッターを日本でアニメ化したら…

昨年、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に、「ハリーポッターを日本でアニメ化したときにありがちなこと」というスレが立ちました
まあ、ネタなのですがそれ相応に楽しめる内容なので取り上げます

ハリーポッターを日本でアニメ化したときにありがちなこと

予想されるのは美少女萌えアニメ化でしょう。意見を拾うと以下のようになっています
・ハーマイオニー(CV釘宮理恵)
・ネコ化ハーマイオニーが完全に萌え方向になってる
・ハーマイオニーがツンデレ
・ハーマイオニーが劣化しない
他にもこんな展開が予想されています
・ハリー覚醒し魔法使い最強を決めるトーナメント開催
・錬金術の授業で右腕持ってかれる
・ハリー「みんな、合体だッ!」
・戦闘シーンはやたら埃が飛び交う
・魔法の作画が神懸かってる
・ホグワーツ行きの列車がどうやら常磐線
・ハリーとのび太がかぶる
映画のシリーズが終了しますので、アニメーショ化でもう一儲けしようという発想が生じても不思議はありません
しかし、日本でアニメーション化という可能性はかなり薄いように感じます
ハリウッドの敏腕プロデューサーがアニメ化の権利を獲得し、ピクサーあたりに仕事をさせるのではないでしょうか?
フルCGで製作され、下請けは中国の会社ですが、ハリー・ポッターのキャラデザインがひどすぎると批判が巻き起こるものの、プロデューサーは「(実写版とは違う)もう1つハリー・ポッターの物語を楽しんでください」と批判をガン無視
さらに原作にないオリジナルのマスコットキャラを登場させたり、ダンブルドア校長が老人ではなく中年のオヤジになっていたりと、勝手に原作を改変
さらにハリーの両親が実は生きていたという驚愕のラストシーン
プロデューサーはシリーズ全作を劇場版アニメーションにすると目論んだものの、第1作の評判が悪くて資金が調達できず途中で断念、という展開が予想されます
ハリウッドが原作を適当に(デタラメに)アレンジするのはいつもの話です
「どうだ、こっちの方が原作より面白いだろう」と上から目線でやるのが彼らの流儀なのでしょう
さて、Youtubeには幾つか、ハリー・ポッター関係の自主製作アニメーションが公開されています




コメント欄にはそれぞれ賛同・支持の表明が寄せられていますので、こうしたイメージの物語(ボーイズラブ風で耽美的)を期待している人も少なくないのでしょう
ハリウッドがそんなアニメーションを作るはずはありません。やはりトイ・ストーリーのような子供向け「ハリー・ポッター」に仕上げるのでしょう

(関連記事)
ハリー・ポッター新作 9年振り出版へ
MADに見る日本アニメの可能性
「ハリー・ポッター」シリーズはアカデミー賞から無視されている
ウルトラマンをパクった中国のアクションヒーロー「金甲戦士」
韓国ケーブルテレビ「日本アニメは高視聴率」
アニソンにK-POPをねじ込む強引な企画に批判殺到
中国アニメ「カンフー料理娘」は面白いか?
中国人 日本アニメは「下品なギャグと暴力」
中国人が語る「日本のアニメはなぜ中国で成功しているのか」
フランスの本気アニメ「オーバン・スターレーサーズ」
日中合作アニメの超大作「三国演義」
日韓合作アニメの黒歴史「ガイスターズ」
日仏合作の珍アニメ「ルパン8世」
「きまぐれオレンジ・ロード」を熱く語るアリゾナの老人
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
本を読まない韓国 政府の振興策?
フランスで大人気「天元突破グレンラガン」
日本だけ大ヒット 映画「小さな恋のメロディ」
もう一度映画「小さな恋のメロディ」を考える
「華麗なるギャツビー」のアニメ化



ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)
静山社
J・K・ローリング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル