アニソンにK-POPをねじ込む強引な企画に批判殺到

アニメーション番組のオープニング曲やエンディング曲に、レコード会社主導による強引なタイアップ企画が持ち込まれるようになり、アニメファンから批判をを受けるケースがある、と日刊サイゾーが記事にしています

「なんで島田紳助や韓流が!?」強引タイアップ曲にアニメファンが大ブーイング中
「何でアニメキャラクターが2PMのダンスを踊ってんだよ。エンディングは宣伝なの?」
「ただでさえK-POPのゴリ押しがウザいのに、アニメにまでねじ込んでくるんじゃねーよ」などの声がインターネットで上がっている模様だ。
番組冒頭やエンディングでキャラクターたちが踊るアニメ作品は他にもあるが、例外なくアニメオリジナルのダンス。今回は2PMのダンスそのままだったことが、ファンを怒らせてしまったようだ。

青の祓魔師 エンディング「Take Off」


最近Youtubeでは動画が相次いで削除されていますので、この動画も早々消えてしまうのでしょう
もちろん、アニメーションのエンディン曲に誰を起用するかはテレビ局に決定権があるわけですが、安直な押し売り企画に走ればファンからの批判が返ってくるのも当然だと言えます(記事では「バッシング」だと表現していますが、適切な表現だとは思えません)
ましてやTBSは過去、「けいおん」でキャラソンを企画し、アニメーションだけでなく楽曲まで売るのに成功したテレビ局です
そんなTBSがなぜ、かすれた声でささやくように歌う(K-POPのバカの1つ覚え)魅力のない芋グループを起用したのか、不思議でなりません
一方で、「one piece」の方は島田紳助率いるヘキサゴンファミリーか東方神起か、という罰ゲームみたいな不毛の選択です(どちらも嫌です) 

one piece 東方神起 - Share the World


オープニングやエンディングがキマるか、キマらないかによって神アニメになったりクズアニメになったりもします
神アニメとして語り継がれるような傑作を世に送り出そうという気概を、テレビ局が持とうとしないのは不思議でなりません
レコード会社が持ち込むタイアップ企画で、韓国の芋グループにエンディングを委ねるなど自殺行為でしょう
海外のアニメーションファンから高い支持を受けているアニメーションのエンディング曲は、やはり素晴らしいものです
「不思議の海のメディア」は「The Secret of Blue Water」のタイトルで海外でも放映され、森川美穂の歌うオープニング曲やエンディング曲がそのまま使放送でわれた国があり、いまでも賞賛が寄せられています


Youtubeのコメント欄を訳すと、以下のように書きこまれています
「こどものころの夏のいろんな思い出が読みがってくるんだ。このアニメは最高」
「この曲を聞くといつも泣いてしまう。アニメのエンディング曲として最高だと思う」
オープニングやエンディングにどのような楽曲を合わせるか、プロデューサーの腕の見せ所だと自分は思います。レコード会社のタイアップ企画など蹴飛ばし、作品のイメージにふさわしい楽曲を選んで「神アニメ」を目指し、伝説を残してほしいものです

(関連記事)
フランスで第12回ジャパンエキスポ(2011)が開催される
「宇宙戦艦ヤマト」をパクった韓国アニメ「宇宙戦艦亀船」
北朝鮮「我々は日本のアニメーションを追いぬく」
劇場版「空の境界 俯瞰風景」を見た感想
ウルトラマンをパクった中国のアクションヒーロー「金甲戦士」
中国アニメ「カンフー料理娘」は面白いか?
ハリー・ポッターを日本でアニメ化したら…
中国人 日本アニメは「下品なギャグと暴力」
AFP通信が初音ミクを「リアル世界のヒットメーカー」と報じる
コミックマーケットに見る日本の底力
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
CNN誤報 東方「Bad Apple!!」を「キモい」とコメントして騒動に
チャン・グンソクのチケット ヤフオクで1円も買い手なく
マツコ・デラックスのK-POP批判 韓国での波紋
中国紙「韓国が日本を制し流行発信地になった理由」


ふしぎの海のナディア VOL.1 [DVD]
キングレコード
2001-08-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふしぎの海のナディア VOL.1 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル