貞子も登場 タイのホラーアニメ「ナーク」

前回はドイツの吸血鬼アニメを紹介しましたが、今回はタイのホラーアニメです
2008年に製作された劇場版3DCGアニメーションで、さまざまな妖怪と闘う女性(彼女も妖怪)を主人公にしたストーリーなのですが、なぜか妖怪の中には貞子も含まれています
井戸の中から這い出してくる白い着物の女性というのが、タイの人たちにとっても相当怖い印象を与えたのでしょうか?

タイアニメ「ナーク」

腕が伸びる主人公のナークは「ワン・ピース」のルフィのようです。日本の作品の影響もあるのでしょう
オープニングで、村のガキ大将がジャイアンそっくりなので吹いてしまいました


ブログの記事とコメント欄によれば、ナークはタイでも有名な民話で、悲恋の結果霊となった女性であり、これまでに何度も映画化されているのだそうです
それを敢えてアニメ化するため、都会の妖怪と田舎の妖怪の闘いという設定にし、話を盛り上げようとしたのでしょう
劇場版アニメーションの場合、日本でも世界を救う話という設定が多用されます
作画そのものはまだまだ稚拙で、1つ1つのシーンが単純すぎます。もっと創り込まないとタイのアニメーションファンにも退屈に見えるのではないでしょうか?
貞子とナークのバトルも見せ場のはずですから、もっと工夫が必要です。ナークの能力が腕の伸縮だけなら、それが生かす闘い方を考えないと
また、脇役キャラたちのバトルシーンは長すぎです
コンピューターソフトを使えばどこの国でもアニメーションが作れる時代ですが、だからと言ってソフトを使いこなすだけで面白いアニメーションは作れるほど簡単なものではありません
日本のアニメーターは登場人物をどんな構図、アングルで描くかを考え、1コマで魅せるだけの画力を持つのですが、この「ナーク」の場合はそれだけの表現力が感じられません
さらに、上でも書いたようにバトルシーンが長い割にグダグダでメリハリがなく、何を見せたいのか散漫になっています
きちんとした脚本と綿密な演出プランが必要でしょう
タイのアニメーションがこの先、どのような方向を目指すのかは分かりませんが、劇場版を1本製作した経験を今後に活かしてもらいたいものです

(関連記事)
DVD化されない幻の人気アニメ「ムーミン」
韓国のサムライ(?)恋愛アニメ「わたしのコーヒー・サムライ」
アニメ「ベルサイユのバラ」オープニングを絶賛するフランス人
フランスの味わい深い恋愛アニメ「ザ・イリュージョニスト」
韓国にも魔法少女アニメあり 「Spheres(スフィアズ)」
ドイツの吸血鬼アニメはちょっと違う表現主義
中国のパクリアニメ「高鉄侠」は劣化コピー
アヌシー映画祭で「時をかける少女」に勝ったアニメ「Jimmy Fri!」
フランスの近未来SFアニメ「ルネッサンス」が渋すぎる
米アカデミー賞ノミネート 韓国アニメ「バースディ・ボーイ」
北朝鮮のアニメ「タイタニック号」とは?
韓国のパクリアニメ「稲妻アトム」 劣化がひどい


物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)
中央公論新社
柿崎 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル