千葉女子大生遺棄事件を考える6 別件の強盗強姦事件

今年6月、千葉商科大学の学生菊池果奈さん=当時(19)=の遺体が見つかった事件で、遺体遺棄容疑で本田祐樹容疑者が逮捕されたのですが、まだ本件の殺人や死体遺棄については否認したままのようです
本田容疑者は6月、別の女性のアパートに侵入し現金などを奪い、さらに強姦した容疑で再逮捕されたと報じられています


千葉県木更津市の林道で6月、千葉商科大2年の菊池果奈さん=当時(19)=の遺体が見つかった事件で、菊池さんの口座から現金を引き出したとして、窃盗罪で起訴された無職、本田祐樹被告(24)について、県警木更津署捜査本部は10日、別の女性宅に押し入って乱暴するなどしたとして、強盗強姦と住居侵入の疑いで再逮捕した。捜査本部によると、本田容疑者は「やっていない」と容疑を否認している。
(ヤフーニュースの記事から引用)


記事によれば携帯電話まで奪ったとあります
警察へ通報されるのを遅らせるため、とも考えられますがそれだけなのでしょうか?
強盗事件はほとんどの場合、金目当ての犯行だと説明されます。もちろんそうであるに違いはないのでしょうが、本田容疑者の犯行を見ると金だけが目的だとは思えない気がします
1人暮らしの女性が自室に多額の現金を保有している可能性は低いのですから、金が目当てなら資産家の家や店舗の売上金を狙うのが筋でしょう
しかし、本田容疑者が1人暮らしの女性を狙うのは、金目当てだけではなく強姦目的だと考えられます
さらに憶測すれば、1人くらしの女性の私生活に踏み込み、女性の人生や人間関係などに割り込み、奪いたいという欲望に駆られているのではないか、と思えてきます
携帯電話を奪ったのも、警察への通報を遅らせるためだけではなく、携帯電話の中にある交友関係やメールを盗み見したいという思いがあったからではないか、と考えられるのです
金銭だけでなく、他人の幸せそうな人生をも奪いそれに触れていたいという欲望が本田容疑者の心の内奥にあるのでしょう
もちろん、本田容疑者が自らのそうした欲望を自覚しているかどうかは不明です
背景には本田容疑者の不遇感、他人の人生を羨み、妬む気持ちがあると推測されます。これまで希薄な人間関係しか持てなかったのかもしれません

(関連記事)
千葉女子大生遺棄事件を考える1 遺体を捨てる理由
千葉女子大生遺棄事件を考える2 殺害の動機
千葉女子大生遺棄事件を考える3 支配と暴力
千葉女子大生遺棄事件を考える4 別件の強盗容疑
千葉女子大生遺棄事件を考える5 被害者の金を引き出し再逮捕
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
島根女子大生遺棄事件を考える 1
島根女子大生遺棄事件を考える 2
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
松戸女子大生殺人事件を考える2 更生の可能性なし
松戸女子大生殺人事件を考える3 死刑判決
松戸女子大生殺人事件を考える4 裁判員の責任
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
松戸女子大生殺人事件を考える6 裁判官の独善
松戸女子大生殺人事件を考える7 最高裁も死刑を否定
松戸女子大生殺人事件を考える8 裁判員制度を否定
舞鶴女子高生殺害事件を考える1 死刑の求刑
舞鶴女子高生殺害事件を考える3 無期懲役判決
舞鶴女子高生殺害事件を考える4 高裁で無罪判決