被災地でニセ医者事件 自称救急小児科医

今年4月から石巻市で米田きよしと名乗る男が医師免許もないのに、「カナダの大学

病院の救急小児科医」と称して医療活動をしていたと分かり、警察が捜査に乗り出す

騒ぎになっています

きっかけは朝日新聞が「被災地で活躍するボランティア医師」として、記事で紹介した

ものです



記事の中の応答を見ていると、虚言癖の持ち主のように感じられます

「中学1年のころから医者を目指して毎日5時間勉強していたので、免許を取ろうと思

えば取れると思う」との発言にも、奇妙な話のすり替えが見られます

中学生のときに猛勉強をしたとありますが、それは高校受験のための勉強であって医

学を学んだものではありません

虚言癖と呼ばれる症状の特徴の1つがこの話のすり替えです

あるいは自分について語る際、話をする機会ごとに内容がコロコロ変わり、一貫してい

ないケースがしばしば見られます。心理臨床の場では成育史を聞きとる機会があるの

ですが、虚言癖のある人は生い立ちについて語る際にウソを混じえるため、辻褄が合

わないのです

その点について説明を求めると、さらにウソを重ねるのも特徴の1つです(ウソだと認め

ようとはしません)

この米田きよしはボランティア団体の理事だとする名刺を勝手に作り配っていたのです

が、「その団体の代表から理事になってくれといわれてしたこと。団体と関係がないとい

う代表の発言はうそ」だと釈明しています

事実関係を自分に都合よくねじ曲げているとしか思えません

石巻では東大出身と語ったり、聖マリアンナ医科大学卒業と称するなど一貫せず、「怪

しい人物」と見られていたようです

さらにメディアで「ボランティアの医師」として紹介された後、「5年前に滋賀県で結婚詐

欺で逮捕された男ではないか」との情報が石巻の社会福祉協議会に寄せられたとも報

じられています

それにしても約2ヶ月の間、医師として振る舞っていたのですから決して軽微な事件で

はありません

自称米田きよしは、上記の産経新聞の記事の中で、「韓国で生まれて、北海道で育っ

て、最近は大阪府でFXのデイトレーダーで生計を立てていた」とも述べていますが、こ

れもどこまで事実なのか疑わしく感じます

(関連記事)
被災地でニセ医者 逮捕される
http://05448081.at.webry.info/201108/article_36.html
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
http://05448081.at.webry.info/201112/article_51.html
私的な十大ニュース 女結婚詐欺師の偽セレブ生活
http://05448081.at.webry.info/200912/article_61.html
結婚詐欺師木嶋佳苗 飢渇と欲望
http://05448081.at.webry.info/200911/article_18.html
有栖川宮を名乗った詐欺師
http://05448081.at.webry.info/201009/article_59.html
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201105/article_71.html

なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?
彩図社
多田 文明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル