韓流ゴリ押しで批判を浴びるフジテレビ

俳優高岡蒼甫がフジテレビを批判し、所属していたスターダスト・プロモーションを解雇された問題は、予想外と言えるほど各方面に波紋を投げかけています
従来ならテレビ局批判をしたタレントは干されて終わりだったのでしょう
しかし、今回はフジテレビが批判の矢面に立たされており、すっかり悪役にされてしまった感があります

「韓流偏重批判」巡りネット大騒動 著名人から共感の声、フジ抗議デモ告知…

韓流ブームを煽り、そこで儲ける算段だったフジテレビにしてみれば、こうまで批判を浴びる事態になるとは考えてもいなかったはずです
「めざましテレビ」でこれでもかと韓国の歌手を紹介するなど、そのゴリ押し振りは常軌を逸したものだったのですが、視聴者の感じた違和感、嫌悪感などフジテレビにとってどうでもよいものなのでしょう
「自分たちがブームを作り出し、視聴者はそれに乗ればよいのだ」というメディアの驕りがそこにあると感じます
多くのメディアはインターネットの世界で巻き起こった韓流批判をこれまでは無視してきました。しかし、韓流批判の声がここまで高まってしまえば無視するわけにいきません
各メディア、特にフジテレビは韓流批判をどう扱い、報道するのでしょうか?
東京都内で数万人もが参加する韓流批判、フジテレビ批判のデモが起きたとして、フジテレビだけが報道しないとなれば異常な事態です
フジテレビは今回の韓流ゴリ押し批判にどう向き合うのか考えてもいないのでしょうし、当面は韓流ゴリ押しを継続させるはずでしょうから、フジテレビ批判が収まりはしないと考えられます
脳科学者茂木健一郎のフジテレビ擁護発言は、かえって火に油を注ぐ結果となりました
フジテレビの人間にすれば、「頼むから黙っていてくれ。いや、しゃべるな」と茂木健一郎に言いたかったはずです
ジャーナリストの江川紹子による高岡蒼甫批判も燃料投下であり、事態を沈静化させるどころかかえって騒動を煽った形になってしまいました
どこで、どのような決着がつくのかまったく見えてきません
当面、フジテレビ関係者はイライラしながらインターネットを監視し続けるのでしょう

(関連記事)
フジテレビ法則発動 番組MCに起用した韓国歌手飲酒運転
フジテレビ批判、韓流批判の行く末を考える
「韓流ブームに間違った反応をする日本人」への批判
前田敦子のTシャツ問題は単なるバッシングか?
AKB前田敦子、原爆の名前のTシャツ姿でドラマ出演
東海テレビ「セシウムさん」騒動2 常務が謝罪
東海テレビ「汚染されたお米セシウムさん」騒動
フジ系雑誌「ESSE」の悪ノリ韓流がひどいニダ
「俳優高岡蒼甫のフジテレビ批判」を批判する脳科学者
京都大学カンニング事件 脳科学者茂木健一郎大暴れ
韓流スターの特番 視聴率わずか3.9%
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
韓流ドラマをアニメ化して失敗すると 「ごめん、愛してる」
「K-POPブームはメディア主導ではない」と言うメディアのウソ
韓国政府よる韓流ブーム扇動工作
日本の若者の間で韓国ドラマが人気だと報じる韓国メディア
本を読まない韓国 政府の振興策?