農水副大臣が堂々の不倫 妻は絶句

自民党の後藤田議員、群馬県知事と政治家の不倫スキャンダルが相次いで報道されているのですが、今度は民主党の農水副大臣の不倫疑惑が発覚しました
週刊新潮が写真入り記事として掲載したそうです

妻娘持ち農水副大臣、30歳下女性と“腕組みデート”

大臣クラスの政治家になると番記者がついて回っているのでしょうが、副大臣クラスだとそんな報道関係者の存在を気にせず、自由気ままに動けるのでしょうか?
記事によれば、新潟が豪雨に見舞われた7月29日も都内で女性とのデートを楽しんでいたようです
国会開催中であり、しかも集中豪雨が予想されていた状況での行動です
緊張感の欠如、政治家としての自覚の欠如は言うまでもありません
政治家が愛人を作るのは勝手ですが、公僕として国民から付託された責任を負っている身ですから、農水省の副大臣たる立場を自ら軽視するような行動は批判されて当然でしょう
話が前後しますが、週刊新潮の記事によれば筒井副大臣はたびたび女性のマンションに泊まりこんでいるようです
筒井信隆農水副大臣は衆議議員として通算5期目です。早稲田大学法学部出身で22歳で司法試験に合格、弁護士になった後に政界入りし、社会党から民主党に鞍替えして現在に至ります
民主党内では、かつて社会党に所属した横路孝弘(現衆議院議長)と同じグループに籍をおいて活動しています
「プライベートな問題だ」と筒井副大臣は取材に応じない構えのようですが、妻と2人の娘にはどう釈明するのでしょうか?
自分が週刊誌の記者にマークされているとも気がつかず、他の議員や県知事の不倫スキャンダルの報道に接しても、「オレはうまくやっているから大丈夫。バレる奴が悪いのさ。もっとうまくやればいいのに」と内心、思っていたのかもしれません
弁護士でもある筒井副大臣ですから、離婚訴訟も自分でこなせるとは思いますが

(関連記事)
厚生労働副大臣橋本岳の不倫
群馬県知事 愛人を公舎に泊める
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
水野真紀 夫の不倫と子供のお受験
不倫騒動の後藤田議員、妻水野真紀と同居中
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
ダルビッシュ紗栄子 不倫相手はNEWS手越祐也
加護亜依 不倫で慰謝料支払い命じられる
不倫殺人 人妻と年下の専門学校生の暴走
香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺
人妻に横恋慕した不倫殺人 懲役20年の判決


夫の不倫で苦しむ妻たち (新潮文庫)
新潮社
亀山 早苗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夫の不倫で苦しむ妻たち (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル