ティッシュ王子こと大王製紙の井川会長 80億円の使い込み発覚

大王製紙の創業者一族である井川意高会長(47歳)が、会社から80億円を個人的に借り入れ、散財していたと報道されています

“ティッシュ御曹司”80億円使い放題…ド派手な交友関係

エリエールで有名な大王製紙は国内3位の製紙メーカーなのだそうです
創業者の孫として42歳の若さで社長に就任した井川氏は、会社から80億円も借り入れたそうですが、何に使ったのか明らかにしないと記事に書かれています
いくら創業者の孫といっても、会社は社会の公器であり私物ではありません
使途も明らかにしないまま80億円もの大金を会社から借り入れるなど、言語道断の行為でしょう。使途を明かせないほどいかがわしい行為に80億円をつぎ込んだのでしょうか?
愛人を囲うにしても80億円はかかりません
複数の国会議員と親密な関係にあったようですから、タニマチ気取りで政治家に数億円をポンと渡した可能性はあるでしょうが、それでも80億円にはなりません
井川氏側は残る借入金50億円も返済し、なかったことにするつもりなのでしょう
会社役員の地位を利用して会社に損失を与えた、背任罪に問われかねない行為であり、会長職にとどまっているのもどうかと思ってしまいます
さて、日本では企業経営者の個人資産がどれほどあるか、取り沙汰されることはあまりありません。以前は高額納税者の公示制度があったのですが
日本の資産家の多くは資産を個人名義ではなく、資産を管理する法人名義にしており、相続税を回避するよう工夫しています。個人名義で土地や株券を保有していると、亡くなった際に多額の相続税が課せられるためです
法人名義にしておけば、法人が死ぬことはないので相続税がかかりません。あとは一族の人間が資産管理会社の役員になって、維持するだけです

中国の富豪ベスト1000人 平均資産が767億円とは恐れ入る

中国の税制がどうなっているのか分かりません。相続税のようなものがあるのでしょうか?
個人資産の平均が767億円といってもその中身は株式が中心です。中国のバブルがはじけて株価が暴落すれば、700億円の個人資産もあっというまに10分の1くらいにまで激減してしまうと見られます

(関連記事)
ティッシュ王子「孤独なエリート」という表現の怪
100億円使い込み ティッシュ王子の高飛車な謝罪文
「ティッシュ王子」大王製紙会長はギャンブル狂 80億円注ぎ込む
24億円横領犯と飲み歩いていたラモス瑠偉
バドミントンの桃田、田児選手が違法賭博関与発覚
日本にカジノは必要か?
ソフトバンク メガソーラー計画も看板倒れか?
東電社長記者会見 切れたら負け
社長が従業員女性7人をレイプ 慰謝料支払い
セクハラおやじ
アート引越センター会長が淫行で辞職
ノエビア副社長 ストーカー行為で逮捕
4人死亡の「焼肉酒家えびす」社長 土下座
フォルクスワーゲン不正問題 原因と責任はどうなったか?
VW排気ガス不正 4年前から社内では知られていた


社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
日経BP社
板倉 雄一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル