韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」

秋の風物詩の1つ、ノーベル賞の時期が巡ってきました。10月初旬に各賞が発表される予定です
この時期には韓国メディアがしきりにノーベル賞に関する報道をします
「なぜ先進国であり、経済大国である韓国が科学分野でノーベル賞を受賞できないのか?」、「ノーベル賞を受賞するにはどのようなノウハウが必要なのか?」といったひどく目先の利益にこだわった内容が目につきます
今年も、「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクトを開始」という、とんでもない記事が流れています


慶北道基礎固有技術開発10大プロジェクト発表… 「5年内ノーベル賞受賞者を輩出しよう」
慶北道がノーベル賞受賞者輩出のために基礎固有技術開発を前提とした「慶北型国際科学ビジネスベルト」モデルを提示した。
去る19日大邱(テグ)インターブルゴホテルで‘慶北科学技術大討論会’を開いて21世紀の世界市場を先導する慶北の科学技術ビジョンと10大ブランドプロジェクトを発表した。
(中略)
基調演説でイ・ジュンスン院長は韓国が世界市場を先導する創造的革新と融合の重要性を、キム・ヨンミンポステック総長は基礎固有技術開発力量確保のための大学の役割と産学研界地域発展方案をそれぞれ発表した。特に討論会参席者は5年以内のノーベル賞受賞者排出のための基礎固有技術開発および創意的科学風土造成など科学発展モデルを提示した。
(以下略)


プロジェクトの中身は不明ですが、「5年以内にノーベル賞を」という目標設定があまりに性急すぎて苦笑するしかありません
「基礎固有技術」と表現するのは何を指しているのでしょうか?
基礎分野の研究を重視しているのか、応用分野での技術を重視しているのか、よくわかりません
ノーベル化学賞などは、研究の成果が公表されてからノーベル賞に決まるまで20年から30年も時間が経過しているケースが見られます
そんな実態を無視して「5年以内にノーベル賞を」と叫ぶのは、それだけノーベル賞に対するあこがれが強いからなのでしょう
もちろん今回が初の試みではなく、韓国は毎年のようにノーベル賞を狙った野心的なプロジェクトを立ち上げています。若手研究者に研究費を助成し、5年以内にノーベル賞級の研究成果を挙げさせよう、という無茶なプロジェクトもありました
「どんな研究も5年で一区切りがつく」というのがその理由です
研究者に10年、20年という時間を与えるつもりはないところが、いかにも目先の利益重視に感じられます
つまり5年で成果を挙げられない研究者は落伍者のレッテルが貼られ、研究費を打ち切られてしまうのです。これでは根気強く、粘り強く研究するなど無理な話です
韓国でも毎年のように、ノーベル賞の有力候補とされる科学者を紹介する記事が出るのですが、論文の引用数が論外と言えるほど低かったり、学会ではまったく無名だったりと実績が疑問視されるノーベル賞候補が少なくありません
ノーベル賞を受賞する前に、その研究成果で各分野の国際的な賞を受賞しているのが当たり前だったりするのですが、韓国人のノーベル賞候補でそんな実績を持っている人物はほとんどいないのが実態です
さて、日本でノーベル賞候補と目されている人は以下のようになっています
ただし、こうした有力候補ではない研究者が受賞するケースもあるので、フタを開けるまでは分かりません

日本人のノーベル賞候補者(主にトムソン・ロイターの予想など)
●医学生理学賞●
山中伸弥…幹細胞の発見、およびips細胞の研究開発
北川進……有機骨格の合成法および機能化学の開拓
小川誠二…fMRI(磁気共鳴機能画像法)の基本原理の発見
審良静男…トール様受容体と先天免疫研究
石坂公成…アレルギー作用機序の解明、IgE抗体の発見
●化学賞●
新海征治…分子認識メカニズムの解明
中村修二…青、緑、白色発光ダイオード(LED)の発明。受賞するとしたら赤崎・天野も。
飯島澄男…カーボンナノチューブの先駆的な研究(物理学賞もありうる)
●物理学賞●
近藤淳……希薄磁性合金の電気抵抗極小の研究。「近藤効果」
十倉好紀…超伝導化合物の発見・強相関電子酸化物に関する研究
中沢正隆…エルビウム添加ファイバー増幅器(EDFA)の開発
外村彰……アハラノフ・ボーム効果の解明、電子顕微鏡学の権威
●経済学賞●
清滝信宏…清滝ムーアモデルの構築
●文学賞●
村上春樹…「ノルウェイの森」、「1Q84」など。

2011年 ノーベル賞 発表日程
生理学・医学 10月3日月曜日 日本時間18:30
物理学     10月4日火曜日 日本時間18:45
化学      10月5日水曜日 日本時間18:45
平和      10月7日金曜日 日本時間18:00
経済学     10月10日月曜日 日本時間20:00
文学      未定 ・ ・ ・ ・ ・

ノーベル文学賞の決定・発表される日時は毎年事前に明かされませんさて、今年はどのような結果になるのでしょうか?

(関連記事)
韓国のノーベル賞プロジェクト頓挫
今年(2017)のノーベル賞は? 日本人の化学賞候補など
2016年の日本人ノーベル賞候補は3人
ノーベル賞獲得を目指すサムスン 毎年、対策発表?
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら決定
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
日本のノーベル賞受賞を妬む韓国の反応
稚拙な反日政策を自省する韓国メディア
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
韓国人学者が数学の難問「「ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題」を解決
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
iPS細胞「米で初の臨床応用」は大ウソ 日本メディアだまされた
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国
韓国がニュートリノ検出装置完成 ノーベル賞を狙う
「数学のノーベル賞」 フィールズ賞を渇望する韓国
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
「建築界のノーベル賞強国日本」と羨む韓国
韓国政府「ノーベル賞プロジェクト」開始
2010年ノーベル賞の発表は10月4日から
ノーベル文学賞を熱望する韓国
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
ノーベル化学賞、鈴木北大名誉教授と根岸米大教授
ノーベル賞を取れない中国の嫉妬
科学誌「サイエンス」10大発見 日本から「はやぶさ」ら2件
新元素「ニホニウム」についての韓国の反応


21世紀の知を読みとく ノーベル賞の科学 【生理学医学賞編】
技術評論社
矢沢サイエンスオフィス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 21世紀の知を読みとく ノーベル賞の科学 【生理学医学賞編】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル