反フジTVデモを批判する「中国で1番有名な日本人」

「週刊プレーボーイ」の記事に言論としての意義があるとは思えませんが、その内容に疑義があるので取り上げます

フジTV叩きは行き過ぎたナショナリズム…無意味な韓流バッシングより、近隣諸国に敬意を払いしっかりと手を結ぼう

もう、「突っ込んでくれ」と言わんばかりのコラムです
どんな顔をして、「どうせならテレビ局の社長に直談判すればいい」と書いているのでしょうか?
「週刊プレーボーイ」にコラムを掲載している加藤嘉一は高校卒業後、単身で北京大学へ留学した人物であり、中国語は堪能なのでしょう。中国で数多くの記事、コラム書いて人気を得ており、「中国で1番有名な日本人」と呼ばれています
しかし加藤嘉一が人気を得ているのは、その内容を中国の読者が痛烈な日本批判と受け止めているからです
言論活動を厳しく統制している中国ですが、日本批判だけは言いたい放題、書きたい放題を容認しています。だからこそ加藤嘉一は日本批判を書き、中国人はそれを読んで痛快な思いに浸れるのでしょう
もちろん加藤嘉一が中国の言論規制を批判したり、中国共産党を批判したりするわけもありません。したがって彼のスタンスがどのようなものかは明らかです
国際人面をして「島国の日本は“ムラ社会”で、確かに他者を容易に寄せつけない気質もあるとは思います」と書いているのですが、日本がムラ社会だというのなら中国や韓国はそれ以上の「超ムラ社会」でしょう
そして「近隣諸国に敬意を払うべき」と主張します
敬意を払うに値する国家には敬意を払いますが、敬意を払えない相手には無理です
その敬意を払えない相手こそ、韓国であり、中国なのです

この3国には複雑な歴史的背景がありますが、実は協力し合うにはとても相性がいいとぼくは思うんです。島国、大陸、半島という異なる風土の特性をはじめ、人口、経済力など“国家のスペック”がうまくバラけていて、互いが似通っている場合よりもいろいろな問題が発生しにくい。3国がそれぞれの個性を認め、うまく補完し合うことができれば、東アジア地域の大きな発展が期待できるでしょう。

中学2年生の作文みたいな内容です。「週刊プレーボーイ」の読者の水準にはこれで十分なのかもしれませんが、思想論壇雑誌に掲載しようものなら、編集部に反論の手紙が山ほど届くはずです
要するに加藤嘉一は政治も経済も何も分かっていないで、こんな寝言のようなコラムを書いている脳天気な人物なのでしょう
北京大学で学ぶとこうなるのでしょうか?
日本のCランク大学で学んだ方がよほどましだと思うのですがこんな人物を「中国で1番有名な日本人」ともてはやすのですから、中国メディアの質も知れています

(関連記事)
中国で一番有名な日本人が安倍政権を批判
中国で一番有名な日本人加藤嘉一 学歴詐称バレる
中国で一番有名な日本人加藤嘉一 問題発言で袋叩き
反日発言で商売をする「中国で一番有名な日本人加藤嘉一」
NHK「日本の若者の間でハングルの絵文字がブーム」と報じる
ヘタレ高岡蒼甫 韓流批判を謝罪する
格差社会に反対するデモ 参加者500人
小林よしのり「フジデモ批判」発言の行方
フジテレビ法則発動 番組MCに起用した韓国歌手飲酒運転
フジテレビ批判、韓流批判の行く末を考える
「韓流ブームに間違った反応をする日本人」への批判
韓流ゴリ押しで批判を浴びるフジテレビ
フジ系雑誌「ESSE」の悪ノリ韓流がひどいニダ
「俳優高岡蒼甫のフジテレビ批判」を批判する脳科学者
日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア
「日本女性はなぜ、韓国男性と結婚したがるのか」と書く中国メディア
米メディア 「ナチスを例に日本批判する中国」を批判
中国指導部もタックスヘブンにペーパー会社設立 パナマ文書


われ日本海の橋とならん
ダイヤモンド社
加藤 嘉一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by われ日本海の橋とならん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル