小沢一郎の秘書3人に有罪判決 陸山会事件

小沢一郎の政治団体「陸山会」の不正資金疑惑で、起訴されていた秘書3人に対し「政治資金規正法違反で有罪」とする判決が言い渡されました

ゆっくり息吐き目を閉じる石川議員 有罪判決言い渡しの瞬間

この事件は国会議員である小沢一郎が、小沢一郎の政治団体に金を貸し付け、その資金を使って多くの不動産を購入していたというものです
小沢一郎サイドが公共工事の口利きをし、建設業者から裏金を受け取っていた疑惑についても問われていました
鳥越俊太郎など一部のジャーナリストはしきりに、「小沢疑惑は検察とメディアによるでっち上げだ」と発言していたのですが、有罪判決についてどうコメントするのでしょうか?
今度は「裁判所までグルになっている」と言い出すのかもしれません
検察とメディアがグルになって政治家にあらぬ容疑をかけ、起訴するというのなら断じて許せない暴挙です。が、鳥越俊太郎は「でっち上げだ」と言うばかりで新聞社の誰がそんな陰謀に加担したのか取材もせず、裏付けもなしに陰謀論を口にするだけでした。他のジャーナリストも同じです
それこそ総力を挙げて取材し、検察とメディアの癒着を暴くのが彼らの使命でしょう
しかし、そんな取材をして検察とメディアの癒着の証拠を発見した、と名乗り出たジャーナリストはいません
むしろ、何の根拠も提示せず「小沢一郎は無罪」だと言い張る鳥越俊太郎らの言動こそ、異様です
もちろん今回の東京地裁の判決ですべてが決着したとは言えず、控訴して争う展開になるのでしょう。ですが、今回の有罪判決は無視できません
民主党はかつて野党時代に「政治とカネの問題」を追及し、国民にクリーンなイメージを植えつけてきました。にも関わらず、「政治とカネの問題」で黒い噂の絶えない小沢一郎を抱え込んでしまったため、党のイメージはボロボロです
小沢一郎と手を組む判断をした鳩山由紀夫ら、民主党幹部の見識のなさが露呈した形です

(関連記事)
小沢一郎待望論を諦めない日刊ゲンダイ
4億円の説明を拒否する小沢一郎
小沢一郎を擁護する鳥越俊太郎の暴走
小沢一郎こそ正義 日刊ゲンダイの暴言
小沢一郎は辞任を 新聞各紙の社説
土地を買い漁る小沢一郎 沖縄でも
小沢一郎待望論にしがみつく人たち
小沢一郎の地元ダムだけ建設決定 ほかは中止
世論調査「小沢辞任すべき」 7割
豪腕政治家小沢一郎 離婚をつきつけられる
政治家小沢一郎 泥沼離婚騒動の続報
政治評論家「中国との関係改善の切り札は小沢一郎」
小沢幹事長訪中 625人もゾロゾロと同行


悪党―小沢一郎に仕えて
朝日新聞出版
石川知裕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪党―小沢一郎に仕えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル