日中合作アニメ「チベット犬物語」 興行は苦戦

この夏、中国では何本かの劇場版アニメーションが公開されたのですが、結果は外

国作品に押され、中国産アニメーションの成績は芳しくなかったと報道されています


中国国産アニメ、多大投資するも興行振るわず “病”はどこにあると?
http://www.news320.com/2011/10/05200.html


記事の中で紹介されている「蔵獒多吉」とは日本題「チベット犬物語」で、日本のア

ニメーション制作会社マッドハウスが手がけた作品です

キャラクターデザインに漫画家浦沢直樹も加わっています

「チベット犬物語」



作品そのものはマッドハウスが手がけただけにきちんと作られており、好感が持て

るのですが、中国共産党と人民解放軍がチベットで住民虐殺を繰り広げてきた事実

があるだけに、この作品を賞賛する気にはなれません

別の報道によれば、「『チベット犬物語』は、日本のマッドハウスが、中国のベストセ

ラー小説から企画し、中国電影集団に提案、両国合作となった。日本と中国の制作

分担を大まかに分けると、企画開発と原画を日本が、動画と仕上げをマッドハウス北

京の提携先である、中国の慈文紫光(無錫)が行った。マッドハウス北京でマッドハ

ウスと中国側の共同制作パートナーである中国電影集団との間で制作コーディネー

トを担った和泉氏によると、『チベットの景色や衣装、小道具をリサーチし、リアルに描

写する苦心するだけでなく、国際共同制作に伴う苦労もあった。中でも、両国の商習

慣の違いや中国での制作体制の構築は課題』であった」そうです

マッドハウスは中国に子会社を置き、中国産アニメーションの制作に乗り出しているわ

けですが、「チベット犬物語」は大失敗とは言えないまでも、成功したとは言いがたい

結果だったのでしょう

中国メディアが、「日本のアニメを越えた」と宣伝していた「魁拔(KUIBA)」も上記の報

道を見る限りコケてしまったようです(3作品で制作費が約28億7300万円であったの

に対し、興行収入が2億3900万円だったのですから)

マッドハウスがわざわざ中国に子会社を置き現地化を試みているのですが、前途は厳

しそうに見えます。何より中国政府のさまざまな規制があって、自由な作品作りができ

ないのですから

(関連記事)
日本・ドバイ・韓国合作アニメ「Scan2Go」の成功
http://05448081.at.webry.info/201304/article_28.html
日韓合作アニメ「新暗行御史」(2004年)
http://05448081.at.webry.info/201110/article_36.html
中国のジブリ風アニメ「奇昇家族」 音楽は久石譲
http://05448081.at.webry.info/201110/article_34.html
ハリウッドが映画化すべき漫画5作品~米国サイトが選出
http://05448081.at.webry.info/201110/article_23.html
「深夜アニメの映画化に期待」と報道されるが実際は?
http://05448081.at.webry.info/201110/article_20.html
「ドラゴンボール」みたいな中国のオリジナルアニメ「魁拔」
http://05448081.at.webry.info/201009/article_127.html
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
http://05448081.at.webry.info/201110/article_11.html
イタリアの少女たちのあこがれ 「アタックNo.1」
http://05448081.at.webry.info/201110/article_7.html
アヌシーを制覇した韓国アニメーション「五歳庵」
http://05448081.at.webry.info/201109/article_56.html
見どころはパンチラ 韓国アニメ「Blue Seagull」
http://05448081.at.webry.info/201109/article_49.html
中国の抗日戦勝アニメ 少年義勇兵大活躍
http://05448081.at.webry.info/201109/article_39.html
中国版「けいおん!」? バンドに打ち込む青春アニメ
http://05448081.at.webry.info/201109/article_32.html
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
http://05448081.at.webry.info/201209/article_45.html
韓国アニメ「カイ~鏡湖の伝説~」コケる
http://05448081.at.webry.info/201610/article_25.html

中国はいかにチベットを侵略したか
講談社インターナショナル
マイケル・ダナム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国はいかにチベットを侵略したか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル