「深夜アニメの映画化に期待」と報道されるが実際は?

日本は年に10本以上の劇場版アニメーションが作られ、公開されている稀有な国であり、それだけ視聴者層が厚いと言えます
週刊プレーボーイが、「映画不況のいま、深夜アニメの映画化に業界は期待を寄せている」との記事を掲載しています

不況映画業界が「深夜アニメ」に目をつける理由

自分は業界人でもなく、単なるアニメ好きの1人ですから記事の内容に異論を唱える材料は特にありません
この記事を下敷きに、今年公開された劇場版アニメーションの興行成績を振り返ってみましょう
日本の作品の興行結果を中心に拾ってみます

劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来  17億円
劇場版マクロスF 恋離飛翼 サヨナラノツバ      3億5千万円
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団        22億円
映画プリキュアオールスターズDX3         8億8千万円
劇場版アニメ 忍たま乱太郎                2千万円
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦    11億円
豆富小僧                      3億2千万円
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく         4億円
名探偵コナン 沈黙の15分              30億円
劇場版 戦国BASARA The Last Party           5千万円
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星     5億円
それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと~    1億円
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ     40億円
劇場版NARUTO ナルト ブラッド・プリズン       5億円
コクリコ坂から                   41億円

以上がすべてではないのでしょうが、興行収入ベストテンに名を連ねたところから拾って見ました。興行収入は必ずしも最終結果ではなく、ベストテン内にランクインしていた時点での数字ですからご了承願います
週刊プレーボーイの記事にあった「深夜アニメ」の劇場版は見当たりません
「ポケットモンスター」に「NARUTO」、「プリキュア」、[コナン」などテレビで放映中のアニメーション作品の番外編として、劇場版が作られている傾向がはっきりしています
ジブリ作品として期待された「コクリコ坂から」は41億円であり、他の劇場版アニメーションに比べると好成績ですが、昨年の「アリエッティ」が88億円ですから半分以下の結果です
年末に公開される「けいおん!劇場版」は固定したファン層がいるのでそこそこヒットが期待できるのですが、ファン層以外の幅広い観客を集めないと年末年始の映画興行の中では目立たないと思われます

「けいおん!劇場版」予告



(関連記事)
ロシア人の好きなアニメは「狼と香辛料」
日韓合作アニメ「新暗行御史」(2004年)
中国のジブリ風アニメ「奇昇家族」 音楽は久石譲
ハリウッドが映画化すべき漫画5作品~米国サイトが選出
日中合作アニメ「チベット犬物語」 興行は苦戦
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
イタリアの少女たちのあこがれ 「アタックNo.1」
香港アニメ「Chinese Ghost Story」 作画は日本人スタッフ
アヌシーを制覇した韓国アニメーション「五歳庵」
韓国のコンテンツ産業売上は2兆円に激増(上半期)
見どころはパンチラ 韓国アニメ「Blue Seagull」
中国の抗日戦勝アニメ 少年義勇兵大活躍
中国版「けいおん!」? バンドに打ち込む青春アニメ


コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コクリコ坂からビジュアルガイド~横浜恋物語~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル