中国官僚による日本サッカー視察 観光旅行か? 

「中国のサッカー関係者が日本のサッカーを学ぶために来日」と報道された件で、そ

の実態が単なる官僚の出張旅行だったと中国メディアから批判されています

10月18日、国家体育総局の蔡振華副局長を団長に11名が視察のため来日したの

だそうですが、サッカー協会の実務者がたった2名にすぎなかったそうです


政府役人だらけの日本サッカー視察「ダメだこりゃ」―中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/5961403/


日本の行政組織に例えて説明するならば、文部科学省の官僚だけでなく総務省や経

済産業省の官僚が互いの縄張りを主張し合い、許認可権を盾にいがみ合っている状

態だと解釈すれば妥当でしょう

中国の場合、本来サッカー選手の育成を担うはずのクラブは歴史が浅く、それだけの

陣容も指導者も不足しているのでしょう

小学生のサッカークラブが山ほど存在し、指導者(レベルの違いはありますが)も豊富

な日本とは異なります

指導者を育成するところから始めないと、中国サッカー全体のレベルアップは無理でし

ょう

トレーニングや技術、戦術などを系統的に学ばせ、小中学生を指導できるコーチを増や

す必要があります

一方で中国のプロリーグでは選手による八百長が問題になっています。八百長が存在

する最大の理由は、サッカーの勝敗が違法な賭博の対象になっているからです

中国ではもちろん賭博は違法なのですが、その社会主義の理想とは別にこうした賭博

を仕切る裏社会が存在しているのが実態です

政府の官僚が日本のサッカーを視察し、五カ年計画をまとめたとしても、それが功を奏

する可能性がないのを中国人自身が一番分かっているようです

社会主義国の例に漏れず、中国は体操などの分野でエリート教育を進め、優秀な選手

の育成に成功したのですが、サッカーはうまくいきません

サッカー選手が活躍するには教えられたプログラムを忠実にこなすだけではダメで、試

合の中で創造力を働かせ、点を取る動きや失点を防ぐ動きを体現させる必要がありま

す。つまりインスピレーションに富んだ選手ほど活躍できるスポーツであり、そこが他の

スポーツとの大きな違いなのでしょう

それだけインスピレーションに富んだ選手を育てるのは難しい、とも言えます

ジダンのスーパープレー集

インスピレーションの欠片もない中国の官僚たちに、サッカー発展のために何かを創造

できるとは思えません

(関連記事)
中国サッカー 政府関係者の妄想炸裂
http://05448081.at.webry.info/201104/article_38.html
アジア大会サッカー 日本は3-0で中国に快勝
http://05448081.at.webry.info/201011/article_19.html
サッカー日本戦の敗北にうろたえる中国
http://05448081.at.webry.info/201011/article_22.html
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
http://05448081.at.webry.info/201101/article_64.html
中国サッカー アジアカップでも惨敗
http://05448081.at.webry.info/201101/article_45.html
日本と中国のサッカー 監督の差?
http://05448081.at.webry.info/201101/article_74.html
韓国サッカーリーグ八百長問題
http://05448081.at.webry.info/201107/article_26.html
なでしこ優勝に中国・韓国監督は「日本に勝てる」と豪語
http://05448081.at.webry.info/201107/article_41.html

ジネディーヌ・ジダン 栄光の軌跡(DVD付) ((COSMIC MOOK))
コスミック出版
2011-08-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジネディーヌ・ジダン 栄光の軌跡(DVD付) ((COSMIC MOOK)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル