ホワイトハウスの晩餐会に和食 韓国メディアが激怒

先に訪米した韓国の李明博大統領が、「アメリカ政府から異例の厚遇を受けた」との話題を先日取り上げました
しかし、ホワイトハウスの歓迎晩餐会では和食のメニューが並んでいたと韓国メディアが指摘し、「自尊心を傷つけられた」と騒いでいます


オバマ大統領も、まさかこんな形で物言いがつくとは思いもしなかっただろう。10月13日、韓国・李明博大統領を迎えて、ホワイトハウスで催されたオバマ大統領主催の晩餐会のメニューに和牛や寿司などの日本料理が含まれていたことを知った韓国メディアが猛反発を繰り広げているのである。
韓国メディアの過剰反応には失笑を禁じ得ない。ディナーに隣国の料理が含まれていたからといってそこまで目くじらを立てる必要はない。仮に日本の首相が招かれた際に韓国料理が提供されたとしても、同様の批判は生まれないだろう。
加えていえば、「寿司」や「和牛」は、アメリカでも日本語がそのまま使われているほど世界中に浸透している。それを食卓にのせることがはたして「ミス」といえるのか。ならば、フランス料理もイタリア料理もダメなのだろうか。韓国文化に精通する産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏がいう。
「日本に対する韓国の特殊な対抗心は、アメリカのような多文化社会では理解されるはずがありません。このような報道が出る背景には、韓国が官民あげて大キャンペーンを展開している“韓国食の世界化”が思うように進んでいないという事情がある。“なぜ『ミシュランガイド』は日本に進出するのに、わが国には進出しないのか”というコンプレックスが韓国人にはあるのです」
韓国は本年度予算で「韓国料理の世界化」を推進するために242億ウォン(約17億8000万円)を割り当てている。いくらカネを注ぎ込んでも、隣国への歪んだ敵対心が根底にあるようでは、いい結果は生まれないだろう。
(週刊ポストの記事から引用)


前菜として「赤い魚卵をのせたすしで『MASAGO(マサゴ)』と名付けられていた。これに添えられたサラダも『ダイコン』と表記されていた。メーン料理のステーキも『ワギュウ(和牛)』で、添えられた野菜も『カボチャ』となっていた」ため、自尊心が傷ついたと主張しているようです
その程度で傷つくようなチンケな自尊心しか持ち合わせていないのか、と言いたくなってしまいます
日本の首相が公式晩餐会に出席し、メニューにフランス料理が並んだとしても「自尊心が傷ついた」と騒ぎ立てる日本のメディアはいないでしょう
晩餐会を担当したシェフが誰であったのかは知りませんが、なかなか渋いメニューではないかと感心します
韓国人は日本料理を食べるたびに「自尊心が傷ついたニダ」と叫ばないと気が済まないのかもしれません
記事にある、「韓国料理を世界に普及させる」との目論見を批判するつもりはありませんが、テレビドラマに描かれた創作料理を「韓国伝統の宮廷料理」だと詐称するのは止めるべきでしょう。伝統もない国が伝統を主張するのは愚かしいにもほどがあります

(関連記事)
鮨店予約拒否られ、中国人記者ブチ切れ
WSJ紙「韓国料理に欠けているのはシェフ」という謎の記事
「米中首脳会談に日本が嫉妬」と書く中国メディア
韓国大統領が米議会演説で日本批判
辛ラーメンのCM 鍋蓋で食べる姿に批判殺到
猟奇的メニュー「韓国名物さんま寿司」
スケキヨ丼 驚愕の韓国料理
「ゴチバトル」の韓国料理店 「盆栽食わせるつもるか」と評判
アメリカ訪問 韓国大統領と野田首相の待遇の差
バイロイト音楽祭 2003年
私的な十大ニュース 韓国盧武鉉元大統領自殺
理念なき東アジア共同体
鳩山「Loopy」Tシャツ 売れてます
野田首相「東アジア共同体、必要ない」発言の波紋
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
室井佑月の「オバマ大統領来日批判」が幼稚すぎる


世界で一番簡単だけどカッコよくっておいしい和食
ベストセラーズ
笠原 将弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界で一番簡単だけどカッコよくっておいしい和食 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル