中国メディア「日本のコスプレは冠位十二階が発祥だ」

一ヶ月前の記事で恐縮ですが、中国の大手ポータルサイト・網易のニュース・アクセスランキングで、「日本のコスプレ文化は冠位十二階の制度がそもそもの起源」だとする記事がトップを独走する事態になったそうです

日本人のコスプレ好きは「冠位十二階が発祥」だった=中国メディアが伝えた日本コスプレ通史がスゴい

記事の中身を読んでいただければ分かりますが、記者の関心は冠位十二階の制度や日本の歴史ではなく、あくまでも日本のアダルトビデオでコスプレ物と呼ばれるジャンルに向けられています
ポータルにアクセスして記事を読んでいる中国人の多くも、アダルトビデオへの関心と元記事に添付されている露出度の高いコスプレーヤーのセクシーショット目当てで集まっているのでしょう
中国の歴史教育で冠位の制度をどう教えているのかは分かりませんが、官吏の位と着用する衣服の色を定める制度は歴代の中国王朝で用いられていたもので、当然授業の中で取り上げていると思われます
ところで記事には冠位十二階の制度がなぜコスプレ文化の起源なのか、具体的な説明がありません(笑
「階級観念は日本に根深く残っており、今でも日本人は階級と職業の区別を示す制服に異常なまでに敏感だ。これがコスプレ文化が日本で勃興した背景となっている」と結論付けているわけですが、あまりに強引すぎます
この中国の報道には聖徳太子もびっくりでしょう
制服がある種のフェティシズムの対象になるのは洋の東西を問わないのですが、それが顕在化したのは近年の話であり、コスプレという現象・文化そのものは現代社会の産物だろうと自分は思います。扮装の対象となるキャラクターが確立してからコスプレが出現したのでしょうから
単に異性の服をまとう女装や男装は古代ローマ時代に存在していますが
さて、今回は誰もが「似てねェ-。なめとんのか」と突っ込みたくなるYoutubeの動画「worst cosplayers」を紹介します



似てようが似ていました、扮装した者が勝ちというおおらかさが垣間見えます。何よりもコスプレした本人たちが真剣だったり、楽しんでいるのが伝わってきます

(関連記事)
中国が羨む日本の萌える参考書
日本大使館主催 モスクワでコスプレ大会
「アニメにはちゃんと日本映画の血が流れている」の紹介
「内向きに閉じた日本のマンガ市場」という批判
「ジャパンはクールじゃない…海外の本音」の本音
LAアニメエキスポ2011 始まる
海外も驚愕 「ネコ耳まで開発してしまった日本の技術」
クールジャパンの強敵出現?
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
コミックマーケットに見る日本の底力
「セーラー服は軍服、廃止せよ」と毎日新聞
英国をゆるがす日本のカワイイ文化


プロが教えるコスプレ写真テクニック
無双舎
加藤 ゆみ子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロが教えるコスプレ写真テクニック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル