プロ野球 「来季は戦略重視」という巨人の迷走

多額の年俸を支払って補強したものの、グダグダの闘いっぷりで沈んだ読売ジャイアンツですが、来季は戦略を重視、人脈重視に転換する方針だと報じられています


日本シリーズをよそに、ベンチ裏ではコーチになりたいOBたちの動きが活発化している。その背景には、球界が「OB至上主義」から「人脈至上主義」にシフトしていることがある。
「かつては現役時代を過ごした古巣にコーチとして帰ってくるのが普通でした。でも今は全然違う。とにかく、監督やフロントとの人脈、縁故が物をいう」(スポーツ紙デスク)
既に決まった人事からもその傾向が見て取れる。西武を昨年7月、鉄拳制裁疑惑で追われた大久保博元氏が、なぜか楽天の打撃コーチに就任した。ここには西武OBとして親交のある田淵幸一ヘッドコーチがいる。
「当初、関係者の間では、“裁判を抱えているのになぜ?”という話になったが、10月19日、大久保氏が東京地裁に対して、処分無効の請求を放棄する旨申し出たとの報道が出て納得した」(スポーツジャーナリスト)
OB重視といわれてきた巨人でも異変が起きている。来季の新スタッフに橋上秀樹・一軍戦略コーチ、秦真司・一軍バッテリーコーチという“外様”、さらには阿波野秀幸氏の二軍投手コーチとしての古巣復帰が発表された。
「野村克也監督のヤクルト黄金時代の主力だった橋上氏と秦氏が入閣したのは、二軍バッテリーコーチの野村克則氏の存在が大きいといわれている。亜細亜大出身の阿波野氏を復帰させたのは、来年のドラフトで目玉となる同大の東浜巨投手の獲得作戦の一環と囁かれています」(巨人担当記者)


そもそも原監督の野球に戦術とか、戦略というものが存在するのか疑問です
戦術も戦略もない原監督が、来季どのように戦略を行使するのかまるで見えません
外部招聘のコーチがあれこれ指示したところで、正捕手の阿部慎之助らがその指示を受け入れるとも思いません
何より原監督の采配自体、戦術を無視した思いつきに左右されており、傍から見れば疑問だらけです
結局、原監督が戦略室の提供する情報を無視した采配を続けるのでしょうから、他のコーチや選手も戦略室を無視するようになると思われます
原監督の選手起用方は若手を使い潰す傾向がはっきりしており、せっかく台頭してきた投手も1年や2年で使い潰されてしまうばかりです
こんな野球を続けている原監督で優勝できると思っているのは一部の巨人信者だけでしょう
巨人にとって最善の選択は原監督を解任し、中日を退団する落合を後任に据えてすべてを委ねる方策だったはずですが、渡辺オーナーは判断を誤ってしまいました
巨人迷走の責任の一端が渡辺オーナーにあるのは明らかです
重要な判断を誤り、監督に相応しくない人物を監督に据え、チームを低迷させているのですから

(関連記事)
巨人の契約金問題 何を敵視し、騒いでいるのか?
巨人の裏金問題 朝日新聞を名誉毀損だと批判
プロ野球中継の不人気 低視聴率
楽天 星野監督就任への疑問
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
中日ドラゴンズ落合監督の解任劇
落合ドラゴンズ優勝 その原動力は球団への反発心
ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?
韓国野球選手「活躍出来なかったのは日本の差別のせい」と主張
プロ野球中村紀 再び懲罰で2軍降格


原点―勝ち続ける組織作り
中央公論新社
原 辰徳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原点―勝ち続ける組織作り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル